アシノンの唾液や胃痛への効果と副作用!ガスターとの違いも

アシノンは1990年から発売されている胃薬の一種で、H2ブロッカーという種類に属します。

なので、アシノンの唾液や胃痛、逆流性食道炎への効果と副作用、ロキソニンとの飲み合わせ、ガスターとの違いについて知りたいのではないでしょうか。

それから、アシノン錠の薬価やジェネリックなども気になりますよね。

そこで今回は、アシノンの唾液や胃痛への効果と副作用、また、ガスターとの違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アシノンの唾液や胃痛への効果は?ガスターとの違いも

アシノン錠は胃薬の中でもH2ブロッカーという種類に属し、胃壁細胞のH2受容体をブロックすることで胃酸の分泌を抑制する働きがあります。

そして、胃酸過多になって起きている胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎や胃痛などの治療に効能が認められています。

それから、アシノンには、H2ブロッカーの中で最も有名なガスター10などにはない特徴として、胃の動きを促進してくれる作用と唾液の分泌を増やしてくれる作用があります。

これはアシノンがアセチルコリンエステラーゼという酵素の働きをブロックする作用があるからだと考えられており、アセチルコリンエステラーゼはアセチルコリンという物質を分解する酵素で、これをブロックするのでアセチルコリンの濃度が高まります。

すると、アセチルコリンは自律神経から分泌される神経伝達物質で多くの働きがあるのですが、そのひとつで唾液を分泌させる働きがあり、口腔内の乾燥に使われることもあります。

それに、唾液はアミラーゼなど食べ物を分解する酵素が含まれているため、これによって食べ物の消化がサポートされ、食道に上がってきた酸を中和し、逆流性食道炎の治療に一役買ってくれるのです。

ちなみに、こうした作用はいずれも強い作用ではないため、臨床で使っている分にはそこまでこれらの効果を実感できるわけではないのですが、H2ブロッカーの中でどの薬を使うかを検討するときの一つの材料にはなっています。

それから、胃酸の分泌を抑える薬のほかの種類でプロトンポンプ阻害薬(PPI)がありますが、PPIはH2ブロッカーよりも効果が強いものの、夜間の胃酸分泌の抑制に関してはH2ブロッカーの方が効果的で、薬価も安いためアシノンのようなH2ブロッカーは急性期よりも維持期に使用するのに向いています。

スポンサーリンク

アシノンの副作用は?飲み合わせについても

アシノンをはじめとするH2ブロッカーは安全性に優れ、副作用が少ない薬になりますが、全くないわけではなく、生じうる副作用としては便秘や下痢、発疹が報告されており、検査値異常として肝機能障害が報告されているためアシノンを長期的に服用する場合は定期的に血液検査を行った方が良いでしょう。

アシノンとロキソニンなどとの飲み合わせの注意点は?

アシノンは、ロキソニンなどの解熱鎮痛剤と一緒に飲んでも、作用機序が全く異なるため飲み合わせに問題はなく、むしろこうした鎮痛剤で起こりやすい胃の炎症を防いでくれる効果があります。

一方で、ゲフィチニブ、プルリフロキサシン、硫酸アタザナビルなどとの飲み合わせには注意が必要とされているので、併用する場合は必ず医師や薬剤師に相談して指示に従うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

アシノンの薬価やジェネリックは?

アシノン錠は75mgが1錠あたり20.9円で販売されており、ジェネリックは75mgが1錠あたり最安値で9.9円で販売されていますが、いずれも国内では医師の処方が必要な薬のため、購入する際は病院を受診してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、アシノンの唾液や胃痛への効果と副作用、また、ガスターとの違いなどについても詳しくお伝えしました。

アシノンはH2受容体をブロックして胃酸過多で起きている症状を改善する効果のある胃薬で、ガスターなどとの違いとしては胃の動きを促進してくれる作用と唾液の分泌を増やしてくれる作用があり、後者の効果によって口腔内の乾燥を改善したり、逆流性食道炎の治療に一役買ってくれるとのことでしたね。

そして、副作用には便秘や下痢がありますがそれほど発生率は高くなく、ロキソニンとの飲み合わせにも問題はないとのことでした。

そんなアシノンは国内では医師の処方が必要な医薬品で、飲み合わせに注意が必要な薬もあるので、購入する際は病院を受診して、医師の処方に従って服用してくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ