スクラート(胃腸薬)の口コミや効果と副作用!成分や飲み方も

お腹が減ると胃がキリキリする、朝起きたとたん胃の痛みを感じてつらい、そういった症状にオススメなのが胃腸薬のスクラートです。

なので、スクラートの成分や逆流性食道炎、二日酔いなどへの効果と副作用、効き目や、種類の違い、セルベールや、ガスターなどの胃薬との違い、飲み方などについて知りたいのではないでしょうか。

それから、スクラートを使った方の口コミで効くのか、といったものも気になりますよね。

そこで今回は、スクラートの口コミや効果と副作用、また、成分や飲み方などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

スクラートの効果や成分は?副作用についても

胃腸は非常にデリケートな部分で、食習慣や飲み過ぎなどでも胃が荒れて痛むといったことはよくありますが、それ以外にもストレスや過労、睡眠不足が重なると副交感神経のバランスが崩れ、胃粘膜の機能が低下し、胃粘膜を覆う粘膜が減少してしまい、胃酸とのバランスが崩れて胃粘膜を溶かし、傷つけてしまいます。

このように、粘液の減少で胃粘膜が胃酸で炎症を起こすと、キリキリする、もやもやするといった胃の痛みが現れやすく、特に空腹時や寝起きにこうした痛みが起きる場合は、食習慣というよりも生活環境などが原因になっている可能性があります。

そんな特徴のある痛みにオススメのスクラートは、スクラルファートという成分を主成分とする胃腸薬です。

スクラルファートは、胃酸と交わることでマイナスイオンに変化し、一方で、胃酸で傷ついた部分の胃粘膜はプラスイオンになっているため、胃の中で自然にスクラルファートは傷ついた部分に結合し傷を覆い、胃酸の刺激を抑えつつ痛んだ部分を修復させます。

そして、空腹時は胃の中の酸性度が高く、スクラルファートがマイナスイオンになりやすくなっているのですが、胃の中に食べ物があると、患部ではなく食べ物にスクラルファートが付着しやすくなってしまうため、空腹時に最も効果を発揮するとされています。

種類とその違いは?

スクラルファートが主成分の胃腸薬には「スクラート胃腸薬」と「スクラート胃腸薬S」の2種類があるのですが、どのように違うのかそれぞれ詳しくチェックしてみましょう。

ストレスなどからくる突然の痛みや強い痛みには…スクラート胃腸薬

スクラート胃腸薬Sよりも即効性があるスクラート胃腸薬には、スクラルファートだけでなく他にも炎症を抑える成分が含まれています。

・ アズレンスルホン酸ナトリウム

胃潰瘍や胃炎、口内炎などにも効能があり、粘膜の炎症を抑えて修復を早める抗炎症成分で、効き目は穏やかで副作用が少ないとされています。

・ L-グルタミン

アズレンスルホン酸ナトリウムと合わせて使うことで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果的な薬として用いられている成分で、炭酸水素ナトリウムを加えることで胃酸を中和し、粘膜の刺激を抑える効果があります。

・ ロートエキス

胃炎や胃潰瘍による腹痛に使われており、胃の神経をしずめ、胃酸の分泌を抑える効果があります。

・ その他の成分

ケイ酸アルミン酸マグネシウムと合成ヒドロタルサイトが症状のもととなる胃酸をすばやくかつ持続的に中和します。

ちなみに、剤型としては、顆粒と錠剤の2タイプがあります。

加齢や体質からくる胃の痛みなら…スクラート胃腸薬S

効き目が穏やかなスクラート胃腸薬Sには健胃生薬が使われ、体質や加齢など食生活の乱れからくる胃の痛みに効果的で、スクラルファートに加えて次のような成分が含まれています。

・ 7つの生薬

ウコン・サンショウ・丁字・ウイキョウ・桂皮・ショウキョウ・ゲンチアナの成分で、弱った胃の粘膜の回復をサポートします。

・ 2つの消化酵素

でんぷんを分解する消化酵素で、胃の消化を助けるビオヂアスターゼ2000と、胃もたれが原因の脂肪分の消化を助けるリパーゼAP12を含んでいます。

・ その他の成分

炭酸水素ナトリウムと合成ヒドロタルサイトが胃酸をすばやく持続的に中和し、胃への刺激・負担を軽減します。

ちなみに、剤型には散剤、錠剤の2タイプがあります。

スクラート胃腸薬の飲み方は?

スクラート胃腸薬は、剤型によって用量が異なりますが、両方とも1日3回の服用で、スクラート胃腸薬顆粒は食間及び就寝前の服用、スクラート胃腸薬(錠剤)、スクラート胃腸薬S(散剤)、スクラート胃腸薬S(錠剤)は食間、就寝前または食後に1日3回服用するようにしてください。

ただ、効果を最も発揮するのは空腹時なので、就寝前、または食間(食後2時間後が目安)に服用するのがベストで、食後も食べてすぐに飲まないようにしましょう。

そして、効果が6時間以上持続するので、寝る前の服用で翌朝起きた時の胃の痛みも防止します。

スクラート胃腸薬の副作用は?

スクラート胃腸薬とスクラート胃腸薬Sはどちらも副作用の少ない安全性の高い薬ですが、全く副作用がないわけではなく、稀に発疹や発赤、かゆみが現れる場合があります。

そして、口の渇きや吐き気、便秘や下痢の症状が続くこともあるので、こうした場合は直ちに服用をやめても医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

スクラートは二日酔いや逆流性食道炎に効く?スクラートとガスターなどはどう違うの?

スクラート胃腸薬は主にストレスや空腹などによって起きる胃のキリキリやもやもやした痛みに効くとのことでしたが、具体的にどのような症状に効能があるのか、販売会社であるライオンの効能をチェックしてみましょう。

・『スクラート胃腸薬(顆粒)』

胃痛、もたれ(胃もたれ)、胸やけ、胃酸過多、げっぷ(おくび)、胃重、胃部膨満感、胃部不快感、胸つかえ、飲み過ぎ(過飲)、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐

・『スクラート胃腸薬(錠剤)』

胃痛、もたれ(胃もたれ)、胸やけ、胃酸過多、げっぷ(おくび)、胃重、胃部膨満感、胃部不快感、胸つかえ、食べ過ぎ(過食)、消化不良、消化不良による胃部・腹部膨満感、消化促進、食欲不振(食欲減退)、飲み過ぎ(過飲)、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐

・『スクラート胃腸薬S(散剤)』、『スクラート胃腸薬S(錠剤)』

胃痛、もたれ(胃もたれ)、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、胸やけ、胃酸過多、げっぷ(おくび)、胃重、胃部膨満感、胃部不快感、胸つかえ、食べ過ぎ(過食)、消化不良、消化不良による胃部・腹部膨満感、消化促進、食欲不振(食欲減退)、飲み過ぎ(過飲)、嘔吐

ということなので、胃痛や胃もたれはもちろん、二日酔いが原因の吐き気などにも有効のようですし、顆粒以外は消化不良などにも有効のようですね。

なので、効能には記載されていないのですが、逆流性食道炎などの症状でも使ってみることをオススメします。

一方、スクラート胃腸薬と似たような市販品でエーザイの「セルベール」という製品がありますが、こちらは胃粘膜保護・修復薬とされています。

出典:エーザイHP

なので、スクラート胃腸薬と同様、空腹時のキリキリとした痛みや、胃もたれなどに有効で、スクラート胃腸薬と効能はかなり似ていますが、主成分が異なり、セルベックスはテプレノンを主成分にしており、鎮痛剤のロキソ二ンSなど胃粘膜を荒らす市販薬の副作用を抑えるのにも役立つという特徴があります。

それに対して、スクラート胃腸薬の主成分であるスクラルファートはカルシウムと反応すると効果がなくなるだけでなく、頭痛などの副作用を誘発するリスクもあります。

とはいえ、薬には相性があるので、スクラート胃腸薬なら効いてもセルベックスは効かない場合や、その逆もあるので、自分の体質に合ったものを使うようにしましょう。

それから、胃が痛い時によく使うことの多いガスターとはどう違いがあるのでしょうか?

出典:第一三共HP

ガスター10などの商品名で市販されているガスターは、ファモチジンという成分を主成分とし、H2ブロッカーという種類に属しています。

そして、暴飲暴食によって胃酸の分泌が過剰になっている人、胃の不快感を感じる人、逆流性食道炎などにも有効な薬で、胃の粘膜を保護し、修復する効果もある効き目の強い医薬品で、痛いと感じた時に飲める頓服薬です。

なので、スクラートとは作用機序も違うということになり、スクラート胃腸薬の方は患部を保護・修復する作用がメインで、特に空腹時に効果を発揮することが特徴で、痛くなる前に予防として飲むと良いとされています。

というわけで、スクラートとガスターに関しては、胃が痛い状況に合わせて薬を使い分けると良いでしょう。

スポンサーリンク

スクラート胃腸薬の口コミは?

それでは、スクラート胃腸薬を使った方の口コミで、今回はスクラート胃腸薬(顆粒)を使った方の意見をチェックしてみましょう。

良い口コミは?

・ 口コミ1

空腹時に吐き気が起こるようになり飲み始めました。

顆粒なので気分が悪くなったらすぐに飲めるので助かります。

吐き気の症状も少しずつ治まってくるので薬の効果があると思います。

・ 口コミ2

深酒をする主人に飲み会がある時に持たせています。

この胃腸薬を飲むと遅い時間までお酒を飲んでも気分が悪くならないようです。

二日酔いの防止にもなっているので、飲み会の時には必要です。

・ 口コミ3

飲み会の時に、同僚にもらい飲みました。油に弱い体質なので胃がむかむかしていたのですが、すぐにおさまりました。

悪い口コミは?

・ 口コミ1

お酒の飲み過ぎで胃が荒れていたので症状の改善に購入しました。

予防にスクラートを飲んでましたが、すぐに胃が痛くなるので効果は無かったです。

継続してましたが今回で終わりにします。

・ 口コミ2

お昼を食べてから胃が痛くなったので友達からこれを一包貰いました。

顆粒なので即効性があるかと思いましたが、しばらく胃痛が治まらなかったです。

症状も改善出来ないので購入はしません。

・ 口コミ3

飲み会に行くと最近胃の調子が悪くなるので購入しました。

年のせいか胃腸薬を飲んでもまだ胃もたれが続いています。

期待して飲みましたが、自分には全く効果がありませんでした。

出典:本音と口コミ.JP HP

いかがでしたでしょうか?

空腹時の痛みにはきちんと効くようですが、飲み過ぎや胃もたれに関しては効く人と効かない人がいるので、個人差はかなりあるようですね。

なので、気になる方はまずは飲んでみて、体質と合うか試してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、スクラートの口コミや効果と副作用、また、成分や飲み方などについても詳しくお伝えしました。

スクラート胃腸薬はスクラファートを主成分とした胃腸薬で、空腹時のキリキリとした痛みや朝起きた時のもやもやとした胃の痛みに特に効果的ですが、二日酔いなどにも有効で、種類にはスクラート胃腸薬とスクラート胃腸薬Sがあり、スクラート胃腸薬の方が即効性があり、それぞれ剤型には顆粒や錠剤があるのでしたね。

そして、空腹時に効果を発揮しやすいため、食間や就寝前に飲むと良く、胃薬で胃酸過多の症状に効くガスターとの作用機序などの違いについてお伝えしました。

そんなスクラート胃腸薬の口コミをチェックしてみたところ、二日酔いなどによる胃もたれに関しては効く人と効かない人がいて、似たような胃腸薬でセルベールなどもあるので、気になる方はまずはスクラート胃腸薬を試して、相性をチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ