ブスコパンの効果や時間と副作用や禁忌!胃痙攣や吐き気には?

ブスコパンは胃痛や腹痛などに使われる医薬品の一種です。

なので、ブスコパンの腹痛や胃痙攣、胃痛、吐き気などへの効果と作用、眠気などの副作用と禁忌について知りたいのではないでしょうか。

それから、ブスコパン錠の市販やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、ブスコパンの効果や時間と副作用や禁忌、また、胃痙攣や吐き気などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ブスコパンの効果や時間などは?胃痙攣や吐き気にも効く?

ブスコパンは胃腸の過度な緊張や痙攣を抑えて痛みを緩和する処方薬です。

そして、胃腸の運動を高ぶらせる副交感神経は、アセチルコリンという神経物質により強められるのですが、ブスコパンの成分であるブチルスコポラミン臭化物は、アセチルコリンを抑える作用で副交感神経を弱めるとされています。

その結果として、胃腸の過剰な痙攣や、痙攣から来る痛みを抑えることができるんですね。

そのため、胃・十二指腸潰瘍、食道痙攣、胃炎、それらによる吐き気、腸炎、痙攣性便秘、機能性便秘、胆嚢・胆石症、膀胱炎、月経困難症など様々な症状に効果・効能が認められています。

また、ブスコパンは下痢にも効果を発揮しますが、ブスコパンが使用できるのは、機能性下痢といって病気や細菌が原因ではなく生活習慣の乱れやストレスなどが原因となって起こるもので、腹痛や腹部の不快感をともなわない軟便や水様便が特徴で、慢性的に起こる下痢の一種です。

そして、細菌の感染が原因で下痢が起こっている時にブスコパンを使用すると、効かないだけでなく、症状が悪化してしまい治療期間が長引くこともあるので注意が必要です。

一方で、ブスコパンは月経困難症、いわゆる生理痛にも効果が期待でき、ブスコパンが胃痙攣など内臓の動きを止めるのに作用するのと同じで、子宮の筋収縮によって発生する痛みを抑え、生理痛が緩和されるという仕組みになっています。

また、ブスコパンの効果時間についてですが、効果が現れるのは服用後30分程度ですが、痙攣剤として使用する場合は2時間ほどの効果時間が期待できるようです。

スポンサーリンク

ブスコパンの副作用は?禁忌についても

ブスコパンは様々な症状に高い効果が期待できますが、その分副作用が生じる可能性も多く、主に次のような副作用が報告されています。

・ 口の渇き

・ 便秘、お腹が張る、ガスが溜まる

・ 目のかすみ、まぶしさを感じる

・ 排尿障害

・ 動悸、心拍数増加、頭痛、めまい

これらは、ブスコパンによって副交感神経の働きを弱めることで起こる副作用とされています。

ちなみに、ブスコパンには眠気の副作用は報告されていないのですが、重大な副作用として意識の混濁や判断力の低下が起こることがあるため、この際に意識が遠のく感覚を覚えるかもしれないので、こうした症状が現れたらすぐに服用を中止して、医師に相談してくださいね。

また、口の渇きなどが生じることもあって、チアトンなど抗コリン作用を有する薬やドーパミン拮抗剤との併用や、ロートエキスが含まれる市販の下痢止めや胃腸薬(ビオフェルミンや第一三共胃腸薬など)との併用には注意が必要ですが、ロキソニンについては問題ありません。

それから、イレウス(腸閉塞)患者や出血性大腸炎の患者や赤痢菌など重篤な細菌性下痢患者の方、緑内障患者に対するブスコパンの使用は禁忌とされています。

ちなみに、ブスコパンは小児の場合は量を減らして処方されることもあり、妊婦で妊娠初期の腹痛や、授乳中の方に対してもブスコパンが処方されることはありますが、医師の処方に従って用法用量は決められた通りに使用する必要があるので、個人の判断で決めないようにしましょう。

ブスコパンとガスターとの違いは?

胃薬としてブスコパン以外にもよく使用されている薬にガスターがありますが、ガスターは胃酸過多の患者に対して胃酸の分泌を止め、胃の炎症が悪化するのを防ぐ薬で、ブスコパンは消化管の運動を止める薬なので、同じ胃腸症状とはいえ、処方される症状が異なります。

そして、場合によっては一緒に処方されることもあり、併用については問題ないとされています。

スポンサーリンク

ブスコパンは市販されている?ジェネリックも

ブスコパン錠には、市販薬としてブスコパンA錠、ブスコパンMカプセルという医薬品が販売されており、15歳以上から1回1錠を服用することが可能です。

ただし、処方薬のように下痢や生理痛への効き目はないので、注意してください。

それから、処方薬のブスコパン錠は10mgが1錠あたり6.9円で、ジェネリックも10mgが1錠あたり5.4円で販売されているので、必要な時は病院を受診して、医師の処方通りに使用してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ブスコパンの効果や時間と副作用や禁忌、また、胃痙攣や吐き気には効くのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

ブスコパンは神経物質のアセチルコリンの働きを抑制することで副交感神経を弱め、それによって胃痙攣や胃痛、吐き気や機能性下痢、生理痛などへの効果・効能が期待できるとされているのですが、細菌が原因などで起こっている下痢などには効かないばかりか治療期間が延びることがあるので、禁忌とされているとのことでした。

そして、副作用には口の乾きや便秘などがあり、抗コリン作用のある薬との併用は注意が必要ですが、ロキソニンとの併用は問題なく、妊婦や小児の場合も医師が決めた用法での使用が必要なのでしたね。

そんなブスコパンには市販薬も販売されていますが、処方薬と違って生理痛や機能性下痢には効き目がないので、処方薬が必要な時は病院を受診して、ジェネリックなどを購入して安全に使ってくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ