パリエットの飲み方や胃痛等への効果と副作用!粉砕や食前は?

パリエットは1997年から発売されている胃薬の一種で、胃酸の分泌を抑えるPPI(プロトンポンプ阻害薬)とされています。

なので、パリエットの逆流性食道炎、二日酔いなどによる胃痛への効果・効能や便秘などの副作用、飲み方で食前や粉砕、タケプロンとの違いやロキソ二ンとの併用、ネキシウムとの関係について知りたいのではないでしょうか。

それから、パリエット錠の薬価やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、パリエットの飲み方や胃痛等への効果と副作用、また、粉砕や食前など飲み方の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

パリエットの効果や副作用は?

パリエットは胃酸の分泌を抑える作用のある胃薬で、プロトンポンプ阻害薬(PPI)という種類の胃薬になり、プロトンポンプという物質をブロックすることで胃酸を抑制します。

これによって二日酔いなどによる胃痛への効果が認められていますが、効果が現れるまでにやや時間がかかり、夜間の胃酸分泌抑制効果が弱いといった特徴があり、逆流性食道炎の治療にはPPIではなく、H2ブロッカー(ガスターなど)という同じく胃酸の分泌を抑えますが作用の異なる薬を使うことの方が多いです。

それから、パリエットと同じPPIにはタケプロンという医薬品が1992年に発売されていますが、こちらはパリエットよりもやや効き目が弱く、2011年に発売されたネキシウムはパリエットよりさらに効き目が強いという特徴があります。

こうしたパリエットは、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などへの様々な効能が認められております。

そして、適応外になりますがピロリ菌の除菌についても効能がありますが、ピロリ菌そのものを退治する作用はないため、パリエットと抗生物質を併用した治療を行うことが多いようです。

パリエットの副作用は?

パリエットは効果が強力である分、副作用も多く、生じうる副作用としては下痢、軟便、便秘、味覚異常、発疹が起こるとされており、検査値異常として肝機能障害なども報告されています。

スポンサーリンク

パリエットの飲み方のポイントは?

パリエットは用いる疾患によって用法が異なり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍・逆流性食道炎の場合は成人には1回10mgを1日1回投与し、その効き目の強さから8週間までの投与と決められているので、詳しくは医師の処方に従うようにください。

そして、飲むタイミングですが、食後投与、食前投与に関係なく、高い酸分泌抑制効果が得られるようなので、朝食前にするなど自分でタイミングを決めて服用すると良いでしょう。

それから、パリエットは胃酸により失活してしまうため、粉砕しての服用は禁止されています。

パリエットを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

パリエットは医師の処方が必要な医薬品で、10mgが1錠あたり115.7円で販売されており、ジェネリックは10mgが1錠あたり67.2円程度になります。

でも、毎回必要になるたびに病院を受診するのは面倒だし、少しでも安く購入したいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でパリエットを購入する方法です。

そしてこちらなら、パリエット20mgが28錠入って1箱あたり1,998円で、2箱だと3,197円で販売されているのでまとめ買いをした方がお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、パリエットならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

パリエットをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ