タケプロンの効果と副作用や粉砕や簡易懸濁の注意点!食前は?

タケプロンはランソプラゾールを成分とする胃薬の一種です。

なので、タケプロンの胃潰瘍などへの効果や粉砕、簡易懸濁に関する注意点、ガスターの併用や、食前などの用法、下痢などの副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、タケプロンの市販薬や薬価、ジェネリックについても気になりますよね。

そこで今回は、タケプロンの効果と副作用や粉砕や簡易懸濁の注意点、また、食前など飲み方の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

タケプロンの効果や副作用は?

タケプロンは胃酸を抑える「PPI(プロトンポンプ阻害薬)」のひとつで、主成分はランソプラゾールです。

出典:ミナカラHP

そして、胃酸を分泌するプロトンポンプを抑制して胃酸の分泌を抑えるので、胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎など胃腸障害全般の治療に使われるほか、胃痛や胸焼け、二日酔いなどによる吐き気などへの効能が認められており、これらの症状を和らげる薬として幅広く用いられています。

それから、適応外になりますが、タケプロンはピロリ菌を除菌する際にも補助的に処方され、タケプロン自体にはピロリ菌を退治する作用はないものの、胃酸の分泌を抑えることで胃内の酸性度を下げて、抗生物質の殺菌効果を助けてくれます。

また、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれる解熱鎮痛剤の副作用に多い胃痛の不調も予防することができるので、タケプロンはロキソ二ンなどと併用することが多いようです。

そして、タケプロンにはタケプロンOD錠とカプセル、注射や点滴で処方する静注液の3種類があり、OD錠というのは口腔内崩壊錠の意味で口の中で溶ける薬のため、水がなくても飲めるので外出先などで便利です。

オメプラールやパリエットとの違いは?

こうしたプロトンポンプ阻害薬にはタケプロン以外にもパリエットやオメプラールという医薬品がありますが、パリエットの方が最近発売された医薬品で、その作用の強さでいえばパリエットの方が上であるのに対し、オメプラールはタケプロンよりも古く作用も弱まります。

ただ、その分副作用の強弱もあるため、医師の判断で適切な方を処方されます。

タケプロンの副作用は?

タケプロンは比較的副作用が起こりにくい医薬品ですが、ALT上昇、AST上昇といった肝機能異常の症状が起きやすく、そのほかにも下痢や軟便、頭痛や眠気が起こるという報告もあります。

ガスターとの違いは?

タケプロンと同じ胃酸過多の症状に効く胃薬としてガスターがありますが、タケプロンがPPIであるのに対し、ガスターはH2ブロッカーといって、胃粘膜にある胃壁細胞のヒスタミンH2(H2)受容体に拮抗(ブロック)することで酸の分泌を抑える作用があります。

そして、胃酸過多の症状に対しては、タケプロンのようなPPIの方がはるかに強力ですが、その作用の強さから、胃潰瘍の場合は8週間まで、十二指腸潰瘍は6週間までといったように投与日数の上限が決められている一方で、ガスターのようなH2ブロッカーは制限なく投与することができるという違いがあります。

スポンサーリンク

タケプロンの用法は?

PPIについて、簡易懸濁法といって錠剤やカプセルを粉砕・開封せず、そのままぬるいお湯に入れて崩壊懸濁させたあと経管投与する方法が唯一できるのはタケプロンOD錠と言われていて、崩壊するときの温湯の温度を高くしすぎなければ簡単に注入できるとされています。

ただ、そのほかのパリエット等は簡易懸濁法が不適切とされているので、注意しましょう。

そして、服用する際には1錠あたり15mgか30mgを、症状によって1日1錠、もしくは2錠飲むこととされており、タイミングとしては朝食前が良いとされています。

それから、空腹時に服用した方が血中濃度に対して影響が現れにくいので、朝食前が難しくても、食後ではなく、他の食事の食前に摂ることをオススメします。

また、前述のとおり、タケプロンは長期服用が禁止されている医薬品のため、6週間、または8週間といったように症状に応じて医師の指示通りに決められた期間内で服用するようにしてください。

そして、タケプロン服用中の飲酒は薬の効果を強くしすぎるなど、副作用が現れやすくなるので、アルコールは控えるようにしてくださいね。

それから、妊娠中にタケプロンを服用することについては、医師から特別な指示がない限り控えた方が良いとされていますので、妊婦の方は自己判断でタケプロンを服用しないようにしてください。

タケプロンを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

タケプロン錠と同じ成分や効果をもった市販薬は残念ながら販売されておらず、その薬価は15mgが1錠あたり80.6円で、ジェネリックの「テバ」は15mgが1錠あたり31.5円といった価格で販売されています。

そして、医師の処方がないと購入ができない薬なので、毎回病院へ行くのは面倒だという方にオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でタケプロンのジェネリックの「Lansoprazole」を購入する方法です。

そしてこちらなら、30mgが28錠入って1箱あたり2,138円で2箱だと3,012円、3箱だと4,081円といったようにまとめ買いをした方がお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、タケプロンのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

タケプロンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ