ガスターDの飲み方と胃痛や胃もたれ等への効果と副作用!飲み合わせの注意点も

ガスターDはヒスタミンH2(胃酸の分泌を促す物質)の働きを強力に抑える作用や止血作用のある医薬品で、消化性潰瘍の攻撃因子抑制剤とされています。

なので、ガスターDの胃もたれや胃痛、逆流性食道炎への効果や副作用、口腔内崩壊錠について知りたいのではないでしょうか。

それから、ガスターDの飲み合わせの注意点も気になりますよね。

そこで今回は、ガスターDの飲み方と胃痛や胃もたれ等への効果と副作用、また、飲み合わせの注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ガスターDの効果は?

ガスターDはヒスタミンH2といって胃酸の分泌を促す物質を抑制することで、胃酸の過剰分泌により起こる胃痛や胃もたれなどの症状を抑え、消化性潰瘍の治療のほか、逆流性食道炎、上部消化管の出血、急性胃炎、慢性胃炎の急性憎悪期の胃粘膜病変の改善などの治療にも用いられます。

そして、ガスターには様々なタイプの剤型がありますが、ガスターDは口腔内崩壊錠といって舌の上にのせて唾液に浸せば舌でつぶれますが、口腔の粘膜から吸収されることはないので唾液または水で飲み込むことができ、外出先などでも服用しやすいタイプです。

スポンサーリンク

ガスターDの副作用は?

ガスターDの副作用として多いのは下痢や便秘などですが、それ以外にショックや発疹、肝機能障害やなども報告されているので、服用中に異変を感じたら、すぐに使用を中止し、医師に相談するようにしてくださいね。

ガスターDの飲み方!飲み合わせの注意点も

ガスターD(10mg)は急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変などの軽度の症状の場合は、通常、1日2回10mgを1錠ずつ服用することとされています。

また、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群などの重度の症状の場合は、通常、1日2回10mgを2錠ずつ服用することとされています。

ただし、疾患や症状や年齢などの個々の状態によりの用法や用量は変わりますので、必ず指定された服用方法を守るようにしてください。

ちなみに、次のような薬を併用している方に関して、飲み合わせの注意がありますので、併用して使用する際には事前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。

・ アゾール系抗菌薬

そして、風邪の時によく処方されるムコダイン、メジコン、ロキソニン、フロモックスなどは飲み合わせに問題ないです。

スポンサーリンク

ガスターを買うなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ガスターシリーズは病院の処方薬で、医師の処方がないと購入することができないのですが、もっと手軽に、かつ安く購入したいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でガスターと同じ有効成分配合のジェネリック「ファモチジン10mg」を購入する方法です。

そしてこちらなら、ファモチジン10mgが100錠入って1箱あたり2,347円で、2箱だと4,050円になるそうなので、まとめ買いをした方がお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ガスターシリーズのジェネリックならオオサカ堂でファモチジンを購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ガスターシリーズのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ