ガスター20の飲み方や胃痛等への効果と副作用!ジェネリックも

ガスター20は、胃粘膜のヒスタミン2受容体をブロックし、胃酸分泌を抑える医薬品で、胃炎などの治療に用いられます。

なので、ガスター20の胃痛や吐き気、胃もたれや逆流性食道炎などへの効果・効能と副作用、効かない場合、飲み方などについて知りたいのではないでしょうか。

それから、ガスター20の市販や薬価、ジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、ガスター20の飲み方や胃痛等への効果と副作用、また、ジェネリックなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ガスター20の効果や飲み方は?

ガスター20は胃粘膜のヒスタミン2受容体をブロックし、胃酸分泌を抑える作用のある医薬品で、胃や十二指腸などの潰瘍や胃炎、食道炎などの治療に用いられます。

そして、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、上部消化管出血、逆流性食道炎などへの効能が認められており、吐き気などにも効果があるとされています。

ただし、胃酸過多が原因ではない、ストレスなどが要因の胃痛についてはガスター20が効かない場合があるので、用法通りに服用しても効き目が感じられない場合は個人の判断で服用を続けずに、医師に相談するようにしましょう。

ガスター20の飲み方は?

ガスター20は通常、1回1錠(主成分として20mg)を1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)に服用するか、1回2錠(40mg)を1日1回、就寝前に服用することもできます。

スポンサーリンク

ガスター20の副作用は?

ガスター20の副作用として、発疹や皮疹、蕁麻疹、顔面浮腫、便秘、月経不順、女性化乳房などが報告されているので、このような症状に気づいたら医師に相談するようにしましょう。

また、ごく稀な場合ですが、ショック症状や肝機能障害、黄疸などが出ることもあるため、このような場合には早急に服用を中止し、病院を受診してください。

ガスター20のジェネリックを買うなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ガスターシリーズは、市販薬としてガスター10が販売されており、こちらはその名のとおり有効成分のファモチジンが10mg含まれているのですが、ガスター10は6錠入って1本あたり980円(税抜き)で販売されているので、1日2回20mg1錠を服用することを考えると、1本で3日分にしかならないんですね。

一方で、ガスター20は病院で処方される薬なのですが、こちらは有効成分のファモチジンを20mg含んでいるためガスター10より強く、ただの胃炎程度であればガスター10でも良いですが、胃潰瘍などの重度の症状だとガスター20が処方されるようです。

そんなガスター20は1錠あたり42.1円で、ジェネリックも1錠あたり22.2円なので、決して安い医薬品とはいえないですよね。

そこで、もっと手軽に買いたい、少しでも安く購入したいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でガスター20のジェネリックの「ファモチジン20mg」を購入する方法です。

そしてこちらなら、ファモチジン20mg入りが100錠入って1箱あたり2,713円で、2箱だと4,757円になるそうなので、とってもお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけでガスター20のジェネリックならオオサカ堂でファモチジンの20mgを購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ガスター20のジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ