ファモチジンの胃痛や吐き気等への効果と副作用!下痢や便秘は?

ファモチジンは1985年から発売されているガスターという胃薬のジェネリック医薬品です。

なので、ファモチジンの胃痛や吐き気などへの効果と眠気などの副作用、下痢や便秘には効くのか、といったことが知りたいのではないでしょうか。

それから、ファモチジン錠の用法やアルコールとの併用、市販や薬価についても気になりますよね。

そこで今回は、ファモチジンの胃痛や吐き気などへの効果と副作用、また、下痢や便秘などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ファモチジンの効果や副作用は?

ファモチジンは胃酸の分泌を抑える医薬品で、ガスターのジェネリック医薬品として発売されているH2ブロッカーで、同種類のH2ブロッカーにはザンタック(成分名:ラニチジン)などが販売されています。

そして、胃壁に存在する胃壁細胞はヒスタミン2受容体があり、これにヒスタミンという物質がくっつくと胃酸を分泌するシグナル(cAMP)が発信されるのですが、ファモチジンはヒスタミン2(H2)受容体をブロックするため、これにより胃酸分泌のシグナルを弱める働きがあるとされています。

そのため、胃酸が胃に対して悪い影響を与えている時に効果を発揮する薬ということになり、例えば急性胃炎や慢性胃炎の急性憎悪、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、胃粘膜病変などに効能があり、こうした病気による胃痛や吐き気、アルコールの摂りすぎによる二日酔いといった症状に効果を示します。

副作用は?

ファモチジンはペプシンという酵素の働きをブロックする作用もあるのですが、ペプシンは胃に存在する酵素の一つで、胃に入ってきたタンパク質を小さく分解する作用があるものなので、これがブロックされることで食物のタンパク質が分解されにくくなります。

これによって、時折便秘や腹部膨満感、吐き気、下痢などの副作用が現れることがあるようです。

スポンサーリンク

ファモチジンとムコスタの違いは?

ファモチジンと同様、胃酸が胃に対して悪影響を与えている時に有効な医薬品としてムコスタがありますが、ムコスタは胃粘膜保護作用のある薬で、H2受容体を抑えることで発揮する胃酸分泌抑制作用のある薬です。

そして、ムコスタは胃粘膜を増やして刺激を減らす一方で、ファモチジンの方は胃酸分泌を抑制することで刺激を減らすという違いがあります。

なので、ファモチジンとムコスタは併用することでよりよい効果が得られるため、医師から両方とも処方されることが多いようですね。

ファモチジンの用法は?アルコールとの併用などについても

ファモチジンの用法や用量としては、基本的にファモチジン錠20mgを1日2回投与するとされています。

そして、ファモチジンを服用中にアルコールを併用すると、H2ブロッカーが胃壁内にあるアルコールを分解する酵素の働きを阻害し、血液中のアルコール濃度を上げてしまうので、酔いが強くなり、悪酔いすることがあるため併用は避けた方が良いでしょう。

それから、妊娠中の服用に関しては治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ医師が処方することになっているので、個人の判断で使用しないようにしましょう。

また、授乳中に関しては製薬メーカーの説明書にも「授乳させないように注意すること」となっているので、注意しましょう。

ファモチジンを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ファモチジン錠は医師の処方が必要な医薬品で、薬価は10mgが1錠あたり24.6円で販売されており、ジェネリックはファモチジン錠10mg「テバ」などが1錠9.6円で販売されています。

そして、市販品としてはファモチジンを10mg含むものとして、第一三共から「ガスター10」が12錠入って1瓶あたり1,326円程度で販売されていますね。

ただ、毎回病院を受診するのは面倒だし、市販薬より安く買いたいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でファモチジン10mgを購入する方法です。

そしてこちらなら、10mgが100錠入って1箱あたり2,355円で、2箱だと4,064円で販売されているそうなので、買いやすいお値段ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ファモチジンならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ファモチジンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ