ユリーフの効果と作用機序や射精障害などの副作用!女性にも使える?

ユリーフは、肥大した前立腺の腫れやむくみを改善し、排尿を促進する医薬品です。

なので、ユリーフの作用機序や効果、女性への効果や白内障や射精障害などに関する副作用、ハルナールとの違いなどについて知りたいのではないでしょうか。

それから、ユリーフの薬価やジェネリックについても気になりますよね。

そこで今回は、ユリーフの効果と作用機序や射精障害などの副作用、また、女性にも使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ユリーフの効果や副作用は?

ユリーフは膀胱の筋肉の収縮力を強めたり、前立腺組織の腫れやむくみを改善することで、排尿を促進する医薬品で、数種類の植物エキスを主成分としており、前立腺肥大症による排尿困難、頻尿、残尿感、尿閉、排尿痛を改善してくれます。

また、慢性前立腺炎にも効果があるので、男性への効果が多いように感じますよね。

実際には、女性でも排尿障害を抱える方はいるのですが、ユリーフは基本的に女性には使用することがなく、前立腺のない女性は適応外となり、特別な事情がない限りまず使用されず、ウラピジルを処方されることが多いようです。

それから、ユリーフの特徴的な副作用として、射精障害が挙げられます。

これは、射精時に膀胱頸部が弛緩しているため、精液が膀胱に逆流する現象や、ユリーフの作用点であるα1Aが精巣や精菅にも存在しているために、それらの内圧の低下や収縮抑制を引きおこし、精液が出にくくなるという可能性が考えられるそうです。

また、頻度はそれほどまで高くないですが、血圧低下もありますし、頻度が高い副作用としては、口が渇く、下痢、軟便、立ちくらみ、めまい、ふらつき、頭痛などが挙げられるので、異変を感じたら使用を中止し、医師に相談するようにしてください。

白内障との関係は?

ユリーフを服用している間は、白内障手術ができなくなるのですが、この理由としてはユリーフの服用によってIFIS(術中虹彩緊張低下症候群)というものがあり、これは手術中にいわゆる茶色い眼がふにゃふにゃになり、手術中の水流によってうねったり動いたりする現象のことで、白内障の手術ができなくなるからだそうです。

そのため、ユリーフを服用中は白内障手術ができないので、気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

ハルナールとの違いは?

ユリーフと同じ前立腺肥大症の排尿障害に使用される薬としてハルナールがあり、作用機序もユリーフと同じα1阻害なのですが、ハルナールはユリーフが1日2回の服用を要するのに対し、1日1回の使用で良いのです。

そして、ユリーフは前立腺に対する選択性が高いために、血管に対する作用が比較的弱いので、血圧低下やめまいなどの副作用が少ないのですが、射精障害は頻度が高く注意が必要になります。

また、ユリーフとハルナールを併用することはめったにないので、医師からの指示がない限り個人的な判断で併用することは避けるようにしましょう。

ユリーフを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ユリーフは医師の処方が必要な薬で、国内では市販薬として販売されていません。

そして、ユリーフの薬価は1錠あたり75.5円で、ジェネリックでも38.7円なので、長く使っていくことを考えるとやや負担ですね。

それに、毎回病院を受診して購入するのが面倒、診察代ももったいないという方のためにオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でユリーフのジェネリックの「Silofast4」を購入する方法です。

そして、こちらなら4mgが15カプセル入って1箱あたり1,386円で購入でき、2箱だと2,291円になったりと、まとめ買いをしておくとお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ユリーフジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ユリーフのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ