ニトロダームTTSの使い方や貼る場所と副作用!MRIや入浴の時は?

ニトロダームTTSはニトログリセリンを主成分とする、心臓のための貼付薬です。

なので、ニトロダームTTSの効果や副作用、血圧に関する副作用、使い方で貼る場所や入浴の際はどうしたらよいか、AEDやMRIへの影響、フランドルテープとの違いについて知りたいのではないでしょうか。

それから、ニトロダームTTSのジェネリックについても気になりますよね。

そこで今回は、ニトロダームTTSの使い方や貼る場所と副作用、また、MRIや入浴の時はどうしたら、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ニトロダームTTSの効果や副作用は?

ニトロダームTTSは皮膚から吸収され、心臓に酸素を供給する冠状動脈を拡張して狭心症の発作を予防する医薬品で、通常は狭心症の治療に用いられます。

そして、本来の使い方とは異なりますが、ニトロダームTTSはその速やかな血圧降下作用を期待して、高血圧クリーゼと呼ばれる急激な血圧上昇の治療に用いることもあるそうです。

それから、副作用は頭痛やそう痒、発赤、かぶれ、発疹、接触皮膚炎などが報告されているそうなので、こうした症状に気づいたら医師に相談してくださいね。

また、低血圧症状をもつ患者には、その血管拡張作用によりさらに血圧を低下させる恐れがあるため、使用はすすめられません。

フランドルテープとの違いは?

フランドルテープは、ニトロダームTTSと同じように狭心症の治療として使われる貼付薬ですが、主成分が異なり、硝酸イソソルビドが配合されています。

そして、ニトロダームTTSに比べて効果は低いですが、持続時間が24〜48時間と長いことが特徴なので、狭心症の治療というより、予防目的で使われることの方が多いようです。

スポンサーリンク

ニトロダームTTSの使い方は?

ニトロダームTTSは、1回1枚を1日1回、胸、腰、上腕のいずれかに貼ると良いのですが、効果が不十分な場合は1日2枚に増量するようにしましょう。

そして、貼るときには貼る場所をタオルなどでよく拭いた後、怪我や皮膚病のある場所を避けて貼り、張り替えるときは前回と同じ場所は避けるようにしましょう。

それから、入浴時には皮膚障害防止のため剥がしてから入浴した方が良いですが、剥がした後1時間で血中から消失するため、長湯はせず、入浴後すぐ新品を貼る必要があります。

また、万一AEDを使う場合の時のことを考えて、妨げにならないように前胸部に貼るのは避けるようにしましょう。

それと、ニトロダームTTSを付けたままMRIを受けた方にやけどなどの報告があったことから、必ず剥がしてから受ける必要があるという注意点があります。

ニトロダームTTSを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ニトロダームTTSは医師の処方が必要な薬なので、病院を受診して購入する必要があります。

でも、必要になるたび病院を受診するのは面倒という方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で海外製の「ニトロダームTTS」を購入する方法です。

そしてこちらなら、ニトロダームTTS10mgが30枚入って1箱あたり4,311円で販売されているので、買いやすい値段ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけでニトロダームTTSジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

海外製のニトロダームTTSをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ