テノーミンの緊張緩和などの効果と副作用や半減期!飲み合わせの注意点も

テノーミンは、心臓の拍動を活発にしたり、血圧を上昇させる交感神経のβ作用を抑える働きがある医薬品です。

なので、テノーミンの緊張緩和などの効果や効果発現時間、半減期、ハイリスク薬についてや飲み合わせ、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、テノーミンの薬価やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、テノーミンの緊張緩和などの効果と副作用や半減期、また、飲み合わせの注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

テノーミンの効果や飲み方の注意点は?

テノーミンは、心臓の拍動を活発にしたり、血圧を上昇させる交感神経のβ作用を抑える働きがある医薬品で、心臓に選択的に作用するものを「心臓選択性」薬と言うのですが、気管支や代謝などへの影響が少なく、呼吸器疾患や糖尿病の合併症がある人、高齢者などに適した薬です。

そして、β受容体遮断作用によって血圧を低下させ、また心拍数を下げて狭心症の発作を予防し、頻脈性不整脈を抑制する効果があります。

そのため、通常は本態性高血圧症、狭心症、頻脈性不整脈の治療に用いられるのですが、これによって緊張緩和の効果も得られるそうです。

そして、テノーミンは半減期が長く、作用時間は24時間と非常に長いという特徴があり、即効性は低く、飲み始めてからもなかなか効果が感じられない方もいるようで、あがり症対策としての使用にはあまり向かないかもしれません。

飲み合わせの注意点は?

テノーミンに併用禁忌と言われている医薬品はないですが、併用が注意な薬として、ロキソニンやカロナールがあり、これらは解熱鎮痛剤として使用する頻度の高い薬なので気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

副作用は?

副作用としては、徐脈、めまい、倦怠感、発疹、かゆみ、視力異常、涙液分泌現象などが報告されているそうで、作用時間が長いという特性から、この中でも特に倦怠感は出やすいそうです。

それから、重篤な副作用として、心不全や湿疹を伴う起立性低血圧、呼吸困難、血小板減少症などもあるので、こうした症状に気づいたら早めに医師に相談するようにしましょう。

テノーミンを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

テノーミンは国内では医師の処方が必要な医薬品で、1錠あたり薬価は50.6円で、薬剤師業務において、副作用や事故に特に注意が必要なハイリスク薬のため、個人で薬局などで購入することはできません。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で海外製の「テノーミン」を購入する方法です。

そして、こちらは50mgが30錠入って1箱あたり1,747円、2箱だと2,683円で購入できるそうなので、まとめ買いをした方がお買い得ですね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで海外製テノーミンならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

海外製テノーミンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ