夜尿症の大人は病院に行くべき?原因や治療法と薬!夢で突然の場合も

夜尿症とはいわゆる「おねしょ」のことですが、大人の場合病院に行った方が良いのかどうか、人に言えずに悩んでいる方が多いと思います。

なので、夜尿症で大人の場合、夢などの原因や、毎日してしまう時、夢で突然の場合、女性の場合など性別との関連性、病院に行くなら泌尿器科が良いのか、治療の薬なども知りたいのではないでしょうか。

それから、夜尿症で大人の場合、対策でパンツやおむつ、漢方なども気になりますよね。

そこで今回は、夜尿症の大人は病院に行くべきか、原因や治療法と薬、また、夢で突然の場合などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

大人の夜尿症の場合の原因は?病院を受診した方が良い?

夜中に布団の中で排尿をしてしまう夜尿症は、大人になっても続いているケースがあり、成人の0.5%くらいが夜尿症であると言われ、女性に多く見られるそうです。

そして、その原因としては、おしっこ(利尿)を抑制する抗利尿ホルモン(バソプレシン)の不足が最も多く、夜間に抗利尿ホルモンが十分に分泌されずに尿量が多くなってしまうことで夜尿を生じますが、この場合は抗利尿ホルモンを補うことでコントロールできることが多いです。

そして、睡眠ホルモンであるメラトニンを服用すると、間接的に抗利尿ホルモンを増やし、夜間の排尿回数を減らすという報告もあるそうです。

一方、大人になって突然始まる夜尿症の場合は心因性であることが考えられ、排尿のコントロールは自律神経によって行われるのですが、自律神経は感情と深い関わりがあるので、強いストレスが夜尿症を引きおこしてしまうことがあるのです。

これら以外にも、次のような病気によって引きおこされている可能性もあります。

1、 睡眠障害

・ 睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に呼吸がしばしば止まる病気で、夜中の尿量を調節する抗利尿ホルモンに影響し、夜間に尿の量が増えることで、夜尿症を起こしてしまうこともあります。

・ 睡眠時遊行症[夢遊病]

睡眠中に脳の一部が覚醒し、意識のないまま行動をしてしまう病気で、夜尿症の症状もよく見られます。

なので、就寝中に無意識な行動をとっていることがないかなど、家族などに確認してもらうと良いでしょう。

2、 神経の病気

排尿は神経によって制御されるので、神経の病気として夜尿症が現れることがあり、例えば、脳血管障害、脳腫瘍、多発性硬化症などが原因になることがあるそうです。

ただ、この場合は夜間にのみ起こるわけではなく、日中も思わぬタイミングで排尿してしまうことがあるそうです。

3、 尿量が増える病気

・ 糖尿病

糖尿病になると異常な量の尿が作られるので、夜尿症の可能性も高くなり、やたらとのどが乾く、体がだるい、手足がしびれるといった症状が感じられたら、すぐに病院を受診しましょう。

・ 尿崩症

急に尿量が多くなる病気で、中枢性と腎性があるのですが、原因がはっきりしておらず、日中、夜間に限らず尿量が増えるそうです。

なので、激しい喉の渇きと尿量の分泌を感じたら、内分泌科を受診すると良いでしょう。

また、膀胱や前立腺の病気など、大人の夜尿症には様々な原因があり、夜尿症がきっかけとなって重大な病気が見つかることもあり、命に関わる病気であることもあります。

そのため、夜尿症に気づいたら、できるだけ早く病院の内分泌科を受診することをオススメします。

そして、病院を受診すると、まずは薬物療法として、膀胱機能を落ち着かせる抗コリン剤や、尿量を減少させる抗利尿ホルモン薬が用いられます。

それから、アラーム治療といって、下着にセンサーを取り付け、センサーが尿を完治するとアラームが鳴り、排尿をコントロールする訓練を行うこともでき、朝まで我慢できるようになって最終的には夜尿症の消失や膀胱の許容量を増やす効果があると考えられています。

スポンサーリンク

大人の夜尿症の場合、自宅でできる対策は?

夜尿症が疑われる場合はすぐに病院を受診した方が良いのですが、病院での治療と平行して、自宅でもできることを対策したいですよね。

そして、原因によって次の通り対策を行ってみてくださいね。

・ 加齢によるものの場合

年を重ねたからといって諦めずに、少しでも日中に体を動かし、体力や筋力を維持していきましょう。

・ 心配事やストレスが原因の場合

心因性の場合は、まずは心配事を取り除くのが一番ですが、それが難しいので悩んでいる方が多いですよね。

そんな時は、気持ちを楽にできる方法を探してみたり、リラックスグッズを寝室に取り入れてみるなど、工夫してみてください。

・ 生活習慣が原因の場合

アルコールなども利尿作用があるため、寝酒の習慣がある方は夜尿症になりやすいので、寝る前の水分を控え、寝る前にはトイレに行くといったことも一つの習慣としていくと良いでしょう。

・ パンツやおむつの使用

最近では夜尿症用のパンツやおむつで大人用のものが充実してきており、ぱっと見ではおむつとは分からないような雰囲気のおむつ機能を兼ね備えたパンツも男女問わず販売されていますので、ぜひ使ってみてくださいね。

・ 漢方

ドラッグストアでも手に入りやすいツムラの漢方もオススメで、大人の夜尿症に効くものとしては「桂枝加竜骨牡蠣湯エキス顆粒」「小建中湯エキス」がオススメだそうです。

【第2類医薬品】ツムラ漢方小建中湯エキス顆粒 24包

夜尿症の薬ならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で購入がオススメ!

夜尿症は病気が原因のこともあるので、できるだけ早く病院を受診して正確な原因を把握した上で、治療を行った方が良いのですが、とりあえず自宅でもできる治療薬がほしいという方にオススメなのがFerring GmbH社の「Minirin Nasale Spray」です。

こちらは、排尿回数を抑える作用のあるバソプレッシンという抗利尿ホルモンを有効成分とする点鼻スプレーで、夜尿症の治療薬として使用されています。

同時に、短期記憶や集中力、回想力を増幅させることからスマートドラッグとしても利用されることがあり、老年性認知症、アルツハイマー病や記憶喪失にも有効です。

ただし、こちらは海外の医薬品のため、国内では購入ができないので、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」での購入がオススメです。

そして、こちらなら点鼻スプレー2.5mlが1本あたり2,431円で販売されていて、2本だと3,942円になるのでまとめて買った方がお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、病院に行く前にとりあえず夜尿症の治療薬を試してみるならオオサカ堂で抗利尿ホルモンの点鼻スプレーを購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

抗利尿ホルモン(バソプレシン)の点鼻スプレーをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ