ガバペン錠の効果と太るなどの副作用!疼痛への適応外使用も

ガバペン錠はてんかん薬で、既存の抗てんかん薬とは異なる仕組みで作用する薬剤だそうです。

なので、ガバペン錠の効果とリリカについてや、太るなどの副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ガバペン錠の痛みや疼痛(とうつう)など、適応外使用についても気になりますよね。

そこで今回は、ガバペン錠の効果と太るなどの副作用、また、疼痛への適応外使用などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ガバペン錠の効果や副作用は?

ガバペン錠は、興奮性神経系の前シナプスでカルシウムの流入を抑制し、神経伝達物質の遊離を抑制し、脳内GABA量を増加させて、GABA神経機能を維持・増強させるという2種の働きで抗けいれん作用を示すそうです。

そして、この働きは通常の抗けいれん薬とは作用の機序が異なるため、他の薬では効果が得られなかったときにガバペン錠を使用したり、他の薬と組み合わせて、てんかんの部分発作の治療や予防目的で使用されます。

それから、主な副作用としては、眠気、めまい、頭痛、倦怠感、けいれん、食欲が異常に増す、よだれが増える、発疹、感情不安定、便秘、嘔吐、尿失禁などがあるそうです。

さらに、発作的な食欲が現れることにより、結果的に太ることがあるようですね。

スポンサーリンク

ガバペン錠の適応外使用で疼痛などについて

ガバペン錠の適応はてんかんのみとされていますが、痛みを伝える神経伝達物質の放出を抑え、神経経路の神経伝達を抑制し、鎮静効果を現すことから、帯状疱疹などの神経性の痛みで疼痛にも適応外で使用されることがあります。

また、ガバペン錠と違って、神経障害疼痛で保健適応がある薬剤でリリカという薬があり、こちらは用量調節がしやすく内服数が少なくなる点や、何より保健適応になり自己負担額を抑えられるというメリットがあるので、疼痛の利用にはリリカを使った方が良いでしょう。

関連記事:リリカカプセルの効果時間や太るなどの副作用!アルコールは?

ガバペン錠を買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ガバペン錠は抗てんかん薬としてだけでなく、疼痛にも適応し、他の薬との併用もしやすいなどメリットの多い薬でしたが、国内では医師の処方がない限り購入することができないようです。

そこで、必要になるたびに病院を受診するのも面倒くさいという方のためにオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でガバペンのジェネリック「GABADON」を購入する方法です。

そして、こちらではガバペンのジェネリック300mgが100錠入って1箱あたり3,079円で購入できるので、1錠あたり10円なので、かなりお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ガバペンのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ガバペンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ