デジレルの効果と眠気等の副作用や離脱症状!飲み方や作用時間も

デジレルは1991年に発売された抗うつ薬の一種で、うつ病の治療薬や睡眠薬として使われています。

なので、デジレル錠のせん妄や不眠などへの効果や眠気などの副作用、レスリンとの違い、作用時間や頭痛などの離脱症状について知りたいのではないでしょうか。

それから、デジレルの薬価やジェネリックについても気になりますよね。

そこで今回は、デジレルの効果と眠気等の副作用や離脱症状、また、飲み方や作用時間についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

デジレルの効果や飲み方のポイントは?

デジレルは1991年に発売された抗うつ薬で、幸せホルモンとも言われるセロトニンの働きを向上させることでうつ症状を改善します。

そして、セロトニンの中でも、セロトニンがくっつく受容体は様々あり、5-HT1Aという受容体にくっつくと幸せホルモンとしての作用が生まれますが、5-HT2Aという受容体にくっつくと逆に不安になったり焦りを感じるため、デジレルはこの5-HT2Aのみをブロックするという珍しい働きもあり、より効果が高いとされています。

このように、セロトニンの多くの働きを向上させ、一部のセロトニンをブロックし、さらに覚醒物質であるヒスタミンの作用をブロックする作用があるとされています。

これによって、寝付きが良くなり、自然な入眠効果が得られるので、不眠症状の改善にも良いそうです。

その他にも、アドレナリンの働きをブロックし、血圧を下げるので、ぼーっとしたり、だるくなったり、眠くなり、これもまた不眠症状の改善に効果的と言われています。

そのため、抗うつ剤やせん妄への薬としても使用されますが、一般的な睡眠薬を使用しても効果がない場合にデジレルを処方されることが多いそうです。

ちなみに、レスリンという薬もありますが、デジレルとレスリンは製薬会社が異なるだけで、成分や効果、作用の仕方や副作用についても全て同じだそうです。

飲み方は?作用時間なども

デジレルは鎮静作用が強いことから、用量として1日50~100mgの範囲で投与すると、単剤で睡眠障害を改善することが知られています。

そして、抗うつ剤としては1日75~100mgを初期用量として、最大で200mgを使用します。

それから、1日1回、眠る前に内服することがほとんどで、半減期(作用時間)が6~7時間のため、血中濃度を安定させるためには、1日3~4回に分けて内服するのが理想ですが、そうすると1日中眠くなってしまうため、睡眠薬として使用する場合は眠る前のみの服用で問題ないそうです。

スポンサーリンク

デジレルの副作用は?離脱症状も

デジレルは抗コリン性の副作用が少なく、口の渇きや便秘、体重増加などは少なめですが、眠りを深くするため、眠気やふらつきといった副作用は生じるそうです。

そして、稀に持続性勃起が生じることがあるので注意しましょう。

それから、デジレルは離脱症状を起こすことはほとんどない薬ですが、無茶な減薬をしたり、断薬をしたりすると頭痛やめまい、ふらつきといった症状が現れることがあるので、自己判断で薬を減らしたりやめたりせず、必ず医師に相談してくださいね。

デジレルを購入するなら個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

デジレルは医師の処方が必要な薬で、その薬価は50mgで1錠あたり29.30円で、国内ではまだジェネリックは販売されていないようです。

なので、毎回必要になるたびに病院で処方してもらうのが面倒だったり、薬価の高さがネックになっている方にとっては、もっと安価にネットで買えたら良いのにと思いますよね。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で「デジレル」50mgを購入する方法です。

こちらなら、50mgが30錠入って1箱あたり2,369円で、2箱だと3,543円、4箱だと5,436円になるので、まとめ買いをした方がお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、デジレルならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

デジレルをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ