カバカバのサプリの飲み方と効果や副作用!摂取量やタイミングも

カバカバは、ポリネシア原産の低木で、このあたりの島々の人たちに心の平安をもたらす飲み物として用いられてきたそうです。

そんなカバカバのサプリがあるのですが、その効果や副作用、飲み方のポイントでタイミングや摂取量について知りたいのではないでしょうか。

それから、カバカバのサプリを購入する手段も気になりますよね。

そこで今回は、カバカバのサプリの飲み方と効果や副作用、また、摂取量やタイミングなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

カバカバのサプリの効果や副作用は?

カバカバは、別名カバと呼ばれる胡椒科の植物で、ポリネシア周辺の南太平洋諸島で自生しており、現地ではカバカバの根を砕いてココナッツミルクで割って飲むと気分が高揚することから、儀式には欠かせない飲み物とされてきました。

カバカバの有効成分はカバラクトンといって、カバインやメチスチシンなど16種類のカバラクトンが確認されており、ストレスからくる不安を緩和させ、不眠症の改善に効くと言われています。

そして、カバの不安を解消する仕組みとして、作用点は主に脳の扁桃核とされていて、これは脳の真ん中にあり、アーモンドの形をしていて感情を司る部位なのですが、カバはこの扁桃核に作用して、不安を解消させると考えられているそうです。

それから、カバはGABAの働きも強めるのですが、GABAは神経伝達物質で、脳のブレーキの役割をするので、このGABAによって記憶を司る海馬や、呼吸や血液循環の中枢である延髄の興奮を鎮め、不安を解消するのだそうです。

こうしたことから、カバは、

・ 不安を感じやすい

・ 眠れない

・ 緊張しやすい、アガリ症

・ 自律神経が乱れがち

・ 更年期障害がある

といった方の悩みを解消するのに向いているとされ、アメリカやヨーロッパでは一般的に使用されているそうです。

副作用は?

カバカバエキスを固めて錠剤にしたサプリを飲むのが主流ですが、副作用として、使用中に強い眠気を感じたり、肝臓へ負担をかけることが分かっています。

そして、アルコール飲料や薬物との併用は効果が強く出ることもあるので避けなければなりません。

そのため、妊娠中や授乳中、鬱病の治療中や肝臓へ疾患がある場合は避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

カバカバのサプリの飲み方のポイントは?摂取量など

カバは、成人の一日の摂取量として60~120mgを目安としており、医師から特別な指示がない限り服用は3ヶ月未満にとどめることとされています。

そして、服用後は反射能力が低下することが分かっているので、自動車の運転などには注意し、できるだけ夜眠る前など外での行動が少ないタイミングで摂取するようにしましょう。

カバカバのサプリを購入するなら、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」がオススメ!

カバカバのサプリはまだ国内ではメジャーになっておらず、国産メーカーで販売されているものがありません。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でNatrol社のカバカバのサプリを購入する方法です。

・ カバカバ200mg【Natrol社製】

こちらであれば30錠入って1本あたりの最安値が1,325円で、2本だと2,628円、3本だと3,602円とまとめ買いをした方がお買い得になるのでオススメです。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、カバカバのサプリならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

カバカバのサプリをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ