レチンAクリーム(タイ)の使い方や効果と副作用!口コミも

レチンAクリームは、主成分としてトレチノインを使用しているシミ・ニキビ治療薬の外用薬です。

なので、レチンAクリームのニキビや毛穴への効果や副作用、使い方のポイントでヒルドイドやユークロマとの併用、注意点、体験した方の口コミについて知りたいのではないでしょうか。

それから、タイ産のレチンAクリームを購入できる通販としてAmazonなどで売られているかも気になりますよね。

そこで今回は、レチンAクリームの使い方や効果と副作用、また、口コミについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

レチンAクリームの効果や副作用は?

レチンAクリームは、主成分としてトレチノインを使用しているシミやニキビ改善薬の一つで、トレチノインとはビタミンA誘導体であり、人間の血液中にも微量ですが存在している成分です。

そして、従来まではニキビ治療薬として使用されることがほとんどでしたが、現在ではシミやシワの改善効果も確認されています。

それから、トレチノインはビタミンAと比べて100~300倍の活性作用があり、皮膚に塗布することで細胞の新陳代謝を促し、古い角質を除去して、新しい皮膚に生まれ変わらせることで健康的な肌に入れ替えることが可能になるそうです。

そして、シミは皮膚の深い部分にメラニン色素が沈着してできるものですが、トレチノインの新陳代謝をサポートする効果によってメラニン色素を角質と一緒に排出することができるので、トレチノインは今あるシミやシワなどをなくし、次にできるであろうシミやシワなどを予防することもできるのです。

また、それにともなって、開いて目立っていた毛穴も引き締まっていくので、若い頃のようなつるつるすべすべの肌が手に入るそうですよ!

副作用は?ヒルドイドやユークロマとの併用も

レチンAクリームを塗ると、皮膚が新陳代謝をはじめ、ひどい痒みや腫れ、赤みなどに襲われ、我慢できないほどになるそうです。

そしてこれは、効果が現れ始めた証拠なので、我慢して皮膚が生まれ変わるのを待たなければならないのですが、その際に、レチンAクリームを塗布した後に肌を刺激から守りしっかり保湿をしてくれる皮膚科の処方薬としてヒルドイドを併用する方が多いようです。

また、ハイドロキノンといって、美白効果があり、メラニンの生成を根本からブロックする効果のある処方薬もあるのですが、このハイドロキノンの一種であり、UVカット効果もあるユークロマをレチンAクリームの後か、ヒルドイドを重ねた上からさらに塗ると効果が高まるようなので、オススメです。

(関連記事:ヒルドイドソフト軟膏を顔に塗る場合の効果と副作用や使い方!

スポンサーリンク

レチンAクリームの使い方は?注意点も

レチンAクリームは、1日1回、就寝前に皮膚に塗布し、塗布する前には、肌に優しい石鹸を使って汚れを取り除いてから清潔な状態で使うと効果的です。

そして、塗布してからはいったんレチンAクリームが乾くのを待ち、保湿クリームとして、前述に紹介したようなヒルドイドなどを重ねてください。

それから、レチンAクリームを使用している期間中は皮膚が紫外線の影響を受けやすくなるので、日光に当たらないように工夫することや、紫外線のケアを行うことが大切なので、前述で紹介したようなUVカット効果のあるハイドロキノン「ユークロマ」などを塗布してください。

また、注意点として、レチンAクリームを使っている期間中はアルコールやスクラブ入りの化粧品などを使うと刺激になるので、避けるようにし、口や目のまわりなど皮膚が薄い部分の使用も控えましょう。

そして、はじめて使う時にはトレチノインの濃度が少ないものから始めるようにし、くれぐれもいきなり刺激の強いものを塗布しないようにしてください。

スポンサーリンク

レチンAクリームを体験した方の口コミは?

それでは、レチンAクリームを使った方の口コミをチェックしていきましょう。

・ 口コミ1

顔全体用として購入しました。

低濃度で長期間使用する方にお勧めです。

商品名にはジェルと記載されていますが、中身は白濁したクリームです。

・ 口コミ2

シミ取りの為ハイドロキノンとの併用で購入いたしましたがとても良いです。

ハイドロキノンだけ使用の時より、明らかに効果が出ております。

化粧水に薄めて顔と腕にべた塗りで使用したところ、2日目でハリと艶が出てきました。
とても良いと思います

・ 口コミ3

レチンA0.025を購入してましたが、効果がありましたが、日数を短縮出来ればと思い、0.05に変更しました。

赤みや、痒みもなく、四日目にして変化が見られます。

・ 口コミ4

妹の大人ニキビ跡が本当にひどくて、肌はゴワゴワでオレンジスキンなうえに色素沈着もひどかったのでつかってみることにしました。

0.025%から始めたのですが、皮向けが甘かったので0.05%にしたらいい感じにターンオーバーして2か月使用で肌の凹凸が8割マシになりました。

トレチは2か月で体制ができるので今はいったん中止してますが、また再開してもう1クールくらいしたら綺麗になりそうです。

0.1%が主流にたいに言われてますが0.05%でもかゆみや赤身はかなりともなっていたのでみなさん濃度気を付けてくださいね。

・ 口コミ5

皮をむくために買ったものの、効果がすごいため途中で怖くなりやめてしまったりでまだきちんと使えてないのでこれから使ってみたいと思います。

(出典:オオサカ堂)

いかがでしたでしょうか?

トレチノインの濃度と肌質によって効果の現れ方に個人差があるようなので、濃度は低めからスタートして、慎重に使った方が良さそうですね。

レチンAクリームを通販で購入するならどこがオススメ?

レチンAクリームは本来イギリス産の外用薬で、日本国内では薬事法などの関係でAmazonなどの大手通販でも購入することができません。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でタイ産のJohnson & Johnson Ltd. 「レチンAクリーム」を購入する方法です。

こちらは、トレチノインの濃度が0.025%のものと0.05%のものと2種類が販売されており、0.025%の場合、20g入って1本あたり最安値が1,141円で、2本で2,170円、3本だと2,859円といったようにまとめ買いをした方がお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、先程紹介した口コミもオオサカ堂で購入した方のものなので、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わりますよね。

ただ、口コミを参照する限り、相当慎重に使った方が良さそうなので、くれぐれも初めから濃い濃度の製品を使わないようにしましょうね。

というわけで、レチンAクリームならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

レチンAクリームをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ