メサデルム軟膏の強さや効能と副作用!顔や陰部には使える?

メサデルム軟膏は副腎皮質ステロイド外用薬の一種で、抗炎症作用があり、皮膚炎やかゆみなどの症状に対して処方されることが多いです。

なので、メサデルム軟膏のニキビや虫刺され、やけどやあせも、水虫などへの効果やステロイドの強さ、副作用、クリームとの違い、顔や赤ちゃん、陰部へは使用が可能かといったことについて知りたいのではないでしょうか。

それから、メサデルム軟膏は市販されているのかも気になりますよね。

そこで今回は、メサデルム軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部には使えるのか、といったことについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

メサデルム軟膏の効能や副作用は?

メサデルム軟膏は皮膚血管収縮作用や局所抗炎症作用があり、アトピー性皮膚炎によるかゆみや炎症、腫れに対して効果があるので、あせもやダニなどの虫に刺された時にもかゆみを一気に抑えることができます。

そして、軽いやけどの赤みや痛みに対しても効果があるのですが、重いやけどに使うと逆効果だったり、殺菌作用はないので、水虫には効果がなく、悪化させることもあるので使用は控えた方が良いそうです。

具体的には、メサデルム軟膏の添付文書には次のような症状に効能があると書かれています。

・ 湿疹

・ 不快感のある皮膚病

・ ニキビ

・ とびひ

・ じんましん

・ ケロイド

・ あせも

・ やけど

・ 蚊やダニなどの虫刺され

それから、メサデルム軟膏のステロイドの強さは、1群から5群の中でも2~3番目に分類される比較的強めのステロイド剤です。

そのため、顔などの皮膚が薄い部分や陰部には使用はできず、子供の場合も足や腕などの皮膚が厚い部分のみに使用するなど、医師の処方に従って慎重に使った方が良いそうです。

それから、赤ちゃんや妊婦への使用の安全性は未確立のため、医師から特別な指示がない限り使わないでください。

ちなみに、メサデルムには軟膏タイプ以外にもクリームタイプがありますが、軟膏はワセリンなどの保湿剤が多く含まれていて、テクスチャーは固いですが肌の保護効果は高く、アトピーなど乾燥が気になる方にも適しています。

一方で、クリームはのびが良いので、広範囲に塗る時に適していますが、症状や年齢などに応じて医師が使い分けて処方するので、それに従って使うと良いでしょう。

副作用は?

メサデルム軟膏はステロイドの強さの中でも「強い」「かなり強い」に属する強力な薬のため、使用には注意が必要で、デリケートな皮膚に使用したり、使用量を誤ったり、長期間使用をすると、皮膚がごわごわし、薄くなって血管が浮き出てきてしまったりします。

それ以外にも、顔の中で特に皮膚が薄いまぶたなどに使うと緑内障や白内障、眼圧亢進などの重篤な症状が心配されるので、絶対に使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

メサデルム軟膏の使い方は?市販についても

メサデルム軟膏は一日1~数回、患部に薄く塗るだけでOKで、使用期間は長くても1週間以内とし、なかなか良くならないからといって長期間使用することは控えるようにしましょう。

また、メサデルム軟膏の市販薬は販売されていないので、必要な時は病院を受診し、医師に処方してもらって購入してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、メサデルム軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部には使えるのか、といったことについても詳しくお伝えしました。

メサデルム軟膏は強力な抗炎症作用、血管収縮作用のあるステロイド外用薬で、一般的なかゆみなどの症状やニキビ、軽いやけど、虫刺されなどの症状を速効で鎮静化する働きがあるのですが、その分副作用のリスクもあり、顔や陰部などの皮膚の薄い部分への利用や妊婦や赤ちゃんへの利用はできないとのことでした。

そして、用法や用量、使用期間を守らないと重篤な副作用の可能性もありますし、医師の処方がないと購入ができない製品なので、必要な場合は必ず病院を受診して、医師に処方してもらって購入してくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ