エクラー軟膏の強さや効能と副作用!顔や陰部には使える?

エクラー軟膏は、皮膚のかゆみや赤みなどの炎症を改善する目的で使う外用薬で、ステロイド配合です。

なので、エクラー軟膏のステロイドの強さやニキビ、あせも、やけど、とびひ、水虫、虫さされ、手荒れなどへの効能や、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、エクラー軟膏は赤ちゃんや顔、陰部には使えるのかといったことや、市販で販売されているのかも気になりますよね。

そこで今回は、エクラー軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部には使えるのか、といったことについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

エクラー軟膏の効能や副作用は?

エクラー軟膏は、抗炎症作用が強く、皮膚の痒みや赤みを鎮静化するのに適している外用薬で、ステロイドの強さが3番目に強い「Strong(強い)」となっています。

そして、ステロイド剤はもともと抗炎症作用の強い薬で、症状に対して即効性があり、すぐに緩和することができるのですが、その中でも強い部類に属する薬ということになるものの、外用薬のため全身性の副作用の心配はほとんどありません。

それから、エクラー軟膏はアトピーへの処方例が多いのですが、それ以外にはあせも、手荒れなどの一般的な皮膚の炎症に加えて、虫さされや円形脱毛症などに処方されることが多いそうです。

一方で、エクラー軟膏はやけどやとびひなどの症状に使用するとかえって悪化する場合も多いですし、殺菌作用はないのでニキビや水虫には効果はなく、これらも使用するとよけいに症状がひどくなることが多いので、使用を控えるようにしてください。

副作用は?

エクラー軟膏は、安全な範囲で使用すれば問題はないのですが、量を間違えたり、頻繁に塗布すると皮膚が薄くなったり、まぶたに塗った場合緑内障などの重大な副作用を起こす場合があります。

それから、顔もまぶたや口の周りを避ければ使えなくはないですが、基本的に顔全体を含め、首や陰部などは皮膚が薄くステロイドを吸収しやすいため、副作用が起きやすいので、医師から特別な指示がない限り、使用を控えましょう。

その他、次の通り用法や用量は必ず守って使用するようにしてください。

スポンサーリンク

エクラー軟膏の使い方!顔や陰部には使える?市販は?

エクラー軟膏は、一日に1~数回、患部に薄く塗布するだけでOKですが、塗布する場所はしっかりと外気に触れる必要があり、衣服がぴったりと密着するようなところには使用しないということが基本になります。

そして、赤ちゃんや子供のあせもなどに使用しても、使用方法さえ間違っていなければ効果はありますが、オムツの内部などには使用しないようにする必要があります。

それから、エクラー軟膏の有効成分であるプロピオン酸デプロドンが入った市販薬は販売されておらず、同じステロイドの強さに位置する塗り薬としては「ベトネベート」が市販で販売されているそうです。

そのため、エクラー軟膏を使用したい場合は病院を受診し、医師に処方してもらった上で、指示通りに安全な範囲で使用するようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、エクラー軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部には使えるのか、といったことについても詳しくお伝えしました。

エクラー軟膏はステロイドの強さの中でもミドルレベルの強さの外用薬で、あせもなどの一般的な皮膚炎に加えて円形脱毛症などに処方されることが多いものの、殺菌効果はないので水虫やニキビには効き目はなく、かえって悪化することが多いのでした。

それから、用法や用量を守らないと皮膚が薄くなるなどの副作用が生じますし、通気性の良い場所に使用する必要があるため、赤ちゃんのオムツの中などは使用を控え、使用する時は市販がないので病院で処方してもらい、医師の指示通りに使用してくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ