マイザー軟膏の強さや効能と副作用!陰部ややけどには使える?

マイザー軟膏は抗炎症作用のある塗るタイプの外用薬で、皮膚科でよく処方されています。

なので、マイザー軟膏のあせもやニキビ、虫刺され、やけど、水虫、ヘルペス、かゆみなどにも効能があるのか、ステロイドの強さや副作用、妊婦や子供や陰部などへの利用について知りたいのではないでしょうか。

それから、マイザー軟膏は市販や通販で購入できるかも気になりますよね。

そこで今回は、マイザー軟膏の強さや効能と副作用、また、陰部ややけどには使えるのか、といったことについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

マイザー軟膏の効能や副作用は?

マイザー軟膏はアトピーなどの皮膚炎や湿疹などの治療によく処方され、炎症やかゆみを抑える作用があるステロイド外用薬です。

そして、マイザー軟膏はステロイドの強さの5段階の中でも2番目の強さである「とても強い」に属しているため、即効性があり、すぐに症状を緩和させることができる一方で、使用方法を誤ると副作用が起きるリスクがあります。

それから、マイザー軟膏は次のような症状に効能があるそうです。

・ 湿疹、皮膚炎群、よう疹、虫刺され、乾癬、薬疹、中毒疹

この他にも、免疫異常で起こる紅斑症や円形脱毛症、ケロイドへの有効性も認められているので、あせもやニキビ、かゆみ全般の症状や、やけどの痛みや跡の改善にも有効です。

ただし、抗菌作用は含まれていないので、水虫やヘルペスには効能はなく、もともとウイルスや細菌に感染して肌の免疫が低下しているところにマイザー軟膏を塗ってしまうとステロイドによってさらに免疫作用を抑制してしまうので症状が悪化することまであるそうです。

そのため、マイザー軟膏を使用して良い症状をよく医師に聞いて、正しく使うようにしてください。

マイザー軟膏の副作用は?

マイザー軟膏はアンテドラッグと言われる、軟膏を塗ったところにだけ効果が現れ、他の部位には出にくいという特徴がある薬なので、副作用の発生率が非常に低く、ほとんど起こることがないのですが、稀に次のような症状が現れるそうです。

・ 毛のう炎、せつ(ニキビや赤いできもの、おでき)

・ ステロイド潮紅、毛細血管拡張

さらに、マイザー軟膏をまぶたなどに使ってしまうと緑内障や眼圧亢進なども現れるため大量または長期にわたる広範囲の使用は控えるようにしてください。

スポンサーリンク

マイザー軟膏は陰部や顔には使える?子供や妊婦の利用も

マイザー軟膏は通常1日1~数回、適量を患部に塗布とされていますが、症状によって用法や用量は異なるため、必ず医師の指示通りに使うようにしましょう。

そして、使用する前によく手を洗い、清潔な状態で患部に使用し、決して大量に広範囲に塗ったり、1ヶ月以上の長期利用はしないようにしましょう。

それから、マイザー軟膏は妊婦、または妊娠している可能性のある方の使用は基本的に問題ないと言われているのですが、事前に医師に相談するようにし、子供の場合は手や足など使用する場所を限定的にされることがあるので医師の処方に従うようにしましょう。

また、顔や首、顎、陰部など皮膚が特に薄い部位に使うと、薬が浸透しやすく、副作用のリスクも高まるため、できるだけマイザー軟膏の使用は控え、特に顔の中でもまぶたや唇、目のまわりなどデリケートな部分の使用は控えるようにしてください。

マイザー軟膏は市販で購入できる?

マイザー軟膏はステロイドの強さも「とても強い」に属し、使用に注意が必要な薬なので、市販はされておらず、薬局などで購入することはできません。

そして、通販でも購入することができないので、使いたい場合は病院を受診して医師に処方してもらってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、マイザー軟膏の強さや効能と副作用、また、陰部ややけどには使えるのか、といったことについても詳しくお伝えしました。

マイザー軟膏は炎症やかゆみなどへ効き目があるステロイド入り外用薬で、ステロイドの強さとしても2番目に強いため、用法には注意が必要な薬ですが、正しく使えばあせもやニキビ、虫刺されややけど、かゆみなどの症状をすばやく改善することができる薬なのでしたね。

そして、妊婦でも医師の処方であれば使用でき、子供でも手や足など限定的に使えることが多いのですが、ヘルペスや水虫には効果がなく、顔の中でも目の周りや唇、陰部などは皮膚が薄くデリケートなので使用を控えるべきとのことでした。

そんなマイザー軟膏は市販では購入ができないので、必要な方は病院を受診して処方してもらって使ってくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ