ダイアコート軟膏の強さと効能や副作用!顔や虫刺されには?

ダイアコートは、強い抗炎症作用のあるステロイド外用剤で、軟膏タイプとクリームがあるそうです。

なので、ダイアコート軟膏のニキビ・虫刺され・ヘルペス・口内炎などへの効能やステロイドの強さ、リンデロンやクリームタイプとの違い、顔への使用、副作用の心配について知りたいのではないでしょうか。

それから、ダイアコート軟膏は市販でも販売されているのか、通販での購入についても気になりますよね。

そこで今回は、ダイアコート軟膏の強さと効能や副作用、また、顔や虫刺されにも使えるのか、といったことについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ダイアコート軟膏の効能は?副作用も

ダイアコート軟膏は、アトピー性皮膚炎や湿疹、かゆみなどの皮膚疾患に使われるステロイド外用剤で、とても強い抗炎症作用があるため、腫れやかゆみ、痛みなどを持つ炎症性の皮膚疾患を短時間で鎮静する働きがあるそうです。

そして、次のとおり様々な効能があります。

・ アトピー性皮膚炎、湿疹、皮膚炎群(日光皮膚炎や脂漏性皮膚炎を含む)

・ 虫刺されや紅斑症など

・ 慢性円板状エリテマトーデスなど

・ ケロイド、悪性リンパ腫、円形脱毛症など

といったように、様々な皮膚疾患に効果的です。

そして、一般的には上記のような症状の重い皮膚炎ややけど、発疹のために処方され、悪化によるかきむしりなどを防ぐ効果があるのですが、それ以外にも炎症の激しいニキビや口唇ヘルペスや陰部のヘルペスに対しても処方されることがあるそうです。

また、ダイアコートにはクリームタイプもありますが、軟膏とクリームは効能や基本的な成分は同じですが、軟膏の方がワセリンなどの肌保護成分が含まれているのでしっとりとしていて、アトピーなど乾燥が気になる方には軟膏の方がオススメです。

一方、クリームはのびが良く、広範囲に塗るのに適しているので、皮膚科でも症状や肌質に合わせて処方されるようです。

副作用は?

ダイアコート軟膏によって免疫力が低下するため、副作用として次のような症状が起こることがあります。

・ 毛のう炎、せつ

・ 皮膚萎縮

これらによって細菌が増えて肌に膿が出るような状態になったり、皮膚が薄くなってテカテカ光り、へこんだ感じになり、シワができるなどの状態を起こすこともあります。

その他にも、赤ニキビや白ニキビ、産毛、皮膚の刺激感、乾燥、かゆみ、発疹、灼熱感、接触性皮膚炎が報告されているので、異常を感じたら使用を中止し医師に相談するようにしてください。

リンデロンとの違いは?

ステロイド配合の軟膏薬で良く処方される薬のひとつにリンデロンという薬がありますが、リンデロンはステロイドの強さランクでStrongに属しており、ダイアコート軟膏はStrongestといって最も強いという違いがあります。

そして、ダイアコート軟膏は劇薬にも指定されるくらい非常に強い薬のため、口内炎など口の中に塗る必要がある場合や、症状の状態によっては多少安心して取り扱うことができるリンデロンの方が適していることもあるようです。

スポンサーリンク

ダイアコート軟膏の使い方!市販で買える?

ダイアコート軟膏は一日に1~数回、患部に適量をのせ、薄くのばすように使うと良いのですが、多めに塗ったところで効果が高くなるわけではなく、塗りすぎは副作用を引きおこすリスクを高めるだけなのでやめておきましょう。

また、体の中でも顔は特に皮膚が薄いため、ステロイドに敏感で、長期間使用を続けると酒さ様皮膚炎や接触性皮膚炎を起こしてしまうこともあるので、できれば避け、特に目や目の周囲には使わないようにしてください。

それから、ダイアコート軟膏は陰部ヘルペスに処方されることもありますが、医師からの指示がない限り、陰部も非常にデリケートな部位のため、使用を避けるようにしてください。

そして、長期間の使用も副作用をまねくので、長くても1週間以内とし、短期的に使うようにしてください。

ダイアコート軟膏は市販で買える?通販も

ダイアコート軟膏は非常に強いステロイド外用薬のため、医師の処方がなければ購入することができず、薬局などで市販薬を買うこともできないですし、インターネットの通販でも購入はできないようです。

なので、ダイアコート軟膏を使いたい場合は皮膚科などを受診して処方してもらってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ダイアコート軟膏の強さと効能や副作用、また、顔や虫刺されにも使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

ダイアコート軟膏は、ステロイド外用薬の中でもStrongestに属する最も強い塗り薬で、クリームタイプもありますが軟膏の方が肌保護効果が高く、乾燥が気になる方などにはオススメで、炎症の激しいニキビや虫刺され、ヘルペスなど様々な皮膚疾患に効能があるのでしたね。

ただし、劇薬にも指定されるほどステロイドが強いため、顔への使用や口の中の口内炎などにはもう少しステロイドが弱いリンデロンなどの方が良く、陰部に使う場合も医師の指示に従って使う必要があるとのことでした。

そんなダイアコート軟膏は市販や通販では購入できないので、必要な時は必ず病院を受診して、医師の処方に従って安全に使い、皮膚萎縮や接触性皮膚炎などの副作用に気をつけて、短期間のみ使うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ