子宮内膜症の痛みの出る場所や時期と緩和する方法!なしの時は?

子宮内膜症は生殖可能な女性のうち、10人に1人の割合で発生する病気なので、決して珍しくなく、強い痛みを伴うことで知られています。

なので、子宮内膜症の原因や、痛みの出る場所、月経以外の痛み、時期や期間、陣痛との痛みの比較と、子宮内膜症の痛みを軽減し、症状を改善し、緩和する対処法として痛み止めなども知りたいのではないでしょうか。

それから、子宮内膜症の痛みがなしの場合もあるのかも気になりますよね。

そこで今回は、子宮内膜症の痛みの出る場所や時期と緩和する方法、また、痛みがなしの時はのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

子宮内膜症の痛みが出る場所はどこ?時期や期間など!原因は?

子宮内膜とは、子宮の中で赤ちゃんの居場所となるいわば「赤ちゃんのベッド」となる場所ですが、妊娠しないと毎月出血となって膣から排出されるのですが、これが月経ですね。

一方で、子宮内膜症とは、この子宮内膜に似た組織が子宮の内側以外に生着してしまうことが原因で、月経のたびに出血や炎症、癒着を起こす病気で、日本では10人に1人の割合で発生するとされていて、決して珍しくはありません。

そして、あまりにひどい月経痛で悩んでいる方は、もしかしたら気づかぬうちに子宮内膜症を起こしている可能性があります。

なので、まずは子宮内膜症の症状について詳しくチェックしていきましょう。

子宮内膜症の症状は?場所や時期、期間も!

出典:jecie HP

こちらのグラフは子宮内膜症に関する痛みの自覚症状について、子宮内膜症協会から2006年に出展されている表で、強い生理痛の他にも、子宮と周囲の卵管、卵巣、腸が癒着するため、生理以外でも強い下腹痛を感じるケースが多いことが分かりますね。

特に排便時や排尿時、性交時に肛門の奥に突き上げるような痛みがあることが特徴です。

こうした子宮内膜症による痛みは、個人差もありますが、子宮内膜症を患った方の体験談を見ると陣痛の方がまだ楽といった声も多いので、本当に痛みが重いことが分かります。

そして、子宮内膜症は特に生理痛が強いという面もありますが、生理外の痛みもある通り、生理の時期と関係なく起こることも特徴で、痛みの期間には個人差があり、自然に症状が改善する方もいれば、治療を行わなければ閉経まで続くこともあります。

中にはほとんど無症状で痛みなしの方もいますが、人によっては救急車を呼ぶほどの激痛に襲われる方もいて、生理を迎える度に痛みが強くなっていくのが特徴で、排便痛や排尿痛だけでなく、血便や血尿が出たりと、子宮内膜症を発症した女性のQOLを著しく低下させてしまうのです。

そして、症状が悪化すると不妊の原因になったり、卵巣がんのリスクも高まるので、初期のうちに治療を開始し、できるだけ早く改善することが大切です。

スポンサーリンク

子宮内膜症の痛みを緩和する方法は?

子宮内膜症の痛みを緩和する方法として誤って行ってしまいがちなのが、市販の痛み止めを使ってしまうパターンなのですが、鎮痛剤では一時的に痛みを緩和させることはできても、子宮内膜症を治す働きはないのです。

なので、以前よりも鎮痛剤を飲む錠数や日数が増えているという人は、知らないうちに子宮内膜症の症状が進行している恐れがあり、注意が必要です。

そのため、生理痛は痛くて当たり前と諦めずに、少しでも不安があれば、まずは婦人科を受診するようにしましょう。

そして、医師から初経の年齢や生理周期、生理痛が何歳頃からあるのか、どんな症状が気になるか問診票に書くように言われるので、正確に書けるようによく思い出しておきましょう。

それから、膣や直腸から子宮や卵巣の大きさや癒着の有無などを見るための内診やエコー検査を行い、これによって子宮の壁の状態を確認し、しっかり調べましょう。

そして、診察の結果に応じて、医師と相談をしながら、症状によって鎮痛剤や漢方薬、女性ホルモン薬などを処方してもらい、治療を開始してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、子宮内膜症の痛みの出る場所や時期と緩和する方法、また、痛みがなしの時はあるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

子宮内膜症は子宮内膜に似た組織が子宮の内側以外に生着してしまうことが原因で起こり、強い生理痛の他にも、子宮と周囲の卵管、卵巣、腸が癒着するため、生理以外でも強い下腹痛が現れ、時期は生理の周期と関係なく起こり、痛みが全くなく自然に改善する方もいれば、生理の度に痛みが悪化して閉経まで続く方もいるのでした。

そして、その痛みは陣痛よりもつらいという声もあり、不妊や卵巣がんのリスクを高める要因にもなるので、少しでも不安であれば早く婦人科を受診し、検査の上で症状によって痛み止めや漢方薬を処方してもらい、治療を開始するとのことでした。

また、こうした子宮内膜症の治療薬として有効とされるものにディナゲストがあるので、次の記事も合わせてチェックしてみてくださいね!

↓↓↓

「子宮内膜症へのディナゲストの効果と副作用!値段や妊娠についても」についての記事はコチラ!

スポンサーリンク

子宮内膜症に関する理解を他の記事を読んで深めましょう!

・子宮内膜症に効くピルの種類と効果や副作用!やめるタイミングも

・子宮内膜症の手術費用と入院期間!手術後の妊娠率やリスクも

・子宮内膜症の検査は痛い?入院の有無や料金と時間!生理中は?

・子宮内膜症の症状の特徴!頻尿や吐き気と腰痛や出血などに注意!

・子宮内膜症で不妊になるのはなぜ?理由と確率や治療の仕方も

このページの先頭へ