ルチンの効果と副作用や摂取量!含む食べ物や血圧への効能も!

ルチンは、身近な蕎麦にも含まれており高い抗酸化作用があると注目をあびていて、様々な生活習慣病の予防に効果があると期待されている成分です。

なので、ルチンとは何か、ルチンが含まれている食品や食べ物、血圧などへの効果や効能、ルテインやケルセチンとの違い、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ルチンをサプリメントで摂取するときの摂取量についても気になりますよね。

そこで今回は、ルチンの効果と副作用や摂取量、また、含む食べ物や血圧への効能などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ルチンとは?効果やルチンを含む食べ物は?

ルチンには抗酸化作用のあるポリフェノールに似た働きがあることから、脳卒中や高血圧症などの生活習慣病の予防効果が期待されており、欧米でも薬の成分として活用されているそうです。

そして、ルチンはみかんやアスパラガス、トマトなどにも含まれていますが、特に蕎麦粉に多く、その中でも韃靼蕎麦(だったんそば)には普通の蕎麦の100倍以上も含まれているというので、何気なく日本食としてお蕎麦を食べている私たちにとってはびっくりですよね。

ただ、ルチンは水溶性のビタミンで水に溶け出してしまう特徴があるので、蕎麦を食べる時も茹でた後のそば湯を飲まないと栄養分はほとんど摂取できません。

また、ルチンの効果には即効性はあるものの持続性に欠けるため、一度に大量の蕎麦を食べるのではなく、日頃から継続的に食べることが重要です。

ルチンの効果は?ルテインやケルセチンとはどう違うの?

ルチンには、弾力性がなくなり破れやすくなった血管を新しい弾力性のある血管にする働きがあるとされていて、血流の流れをスムーズにする作用があることが知られています。

そして、血圧や血糖値を降下させ、血栓を防止して血流循環を良くすることから、高血圧や動脈硬化を改善し、糖尿病を予防することも期待できるのですね。

それから、ビタミンCと併用をすると、毛細血管を強化し内出血を予防する働きもあり、同時にビタミンCの作用を強化するので、美白効果はもちろんコラーゲンの合成も促すため、国内でも美白化粧品などの成分として活用されています。

さらに、ビタミンCはある一定量しか体にとどめておくことができないのですが、ルチンを摂取しておくか併用することで、通常よりも長く体内にとどめることができるのだそうです。

また、ルチンはアレルギー反応の原因であるヒスタミンの分泌速度を遅らせる効果があるので、アレルギー治療薬の成分としても使われています。

ケルセチンとの違いは?

ルチンと似たように抗酸化作用の高いケルセチンという成分がありますが、ルチンはケルセチンにルチノースという成分が結合した配糖体で、近しい関係なので効果が似ています。

そして、ルチンには血管壁を強く柔軟にし、ビタミンCの吸収をサポートする効果があるのに対して、ケルセチンにはLDLコレステロールの酸化を抑え、花粉症の症状改善に効果があるとされています。

このように、成分的には明確に異なるものの、アンチエイジングや抗酸化力は高い成分という点では同じということになりますね。

ルテインとの違いは?

ルチンと似たような名前でルテインという成分があり蕎麦にも含まれるのですが、実は全く異なる成分で関連性もなく、ルチンがポリフェノールの一種であるのに対し、ルテインはカロテノイドの一種とされています。

そして、ルテインは目のコリやかすみなどの症状に効果的なので、目薬の成分として活用されることが多いです。

スポンサーリンク

ルチンをサプリメンとで摂る時の摂取量は?副作用も

ルチンには、蕎麦の若葉の乾燥粉末を原材料とした粒タイプのサプリがあり、継続的に摂るのであればこのサプリを摂取することをオススメしますが、摂取量は1日500mgを2回と定められています。

そして、摂取量を超えた量を過剰摂取すると、原料の蕎麦を摂りすぎてしまうことと同じような状況になり、蕎麦の食品アレルギーを発症するリスクが高まります。

それから、たくさん摂ったところでより高い効果が得られるわけではないので、あくまで決められた摂取量の範囲内で摂るようにしましょう。

ルチンのサプリでオススメなのは?

ルチンは高い抗酸化作用でアンチエイジングなどに効果があるだけでなく、高血圧や脳卒中などの生活習慣病の予防効果があって注目を集めている成分ですが、蕎麦などを一時的に大量に食べるよりは継続して摂る方が効果的なのでしたね。

そこで、日常的に手軽に摂れる方法としてルチンのサプリを購入するのであれば、オススメしたいのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で販売されているサプリの本場アメリカSwanson社のルチン500mgです。

こちらは1粒500mg分のルチンが120錠入って1本あたり1,674円なので買いやすい値段ですし、まとめ買いをするとより安くなるのでオススメです。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、口コミをチェックすると高い評価の方がとっても多いことが分かりますよ。

それに、ルチンの摂取量は500mgを1日2回とのことなので、このSwanson社のルチンなら、1粒ずつを2回飲むだけで良いのでらくちんで長く継続していけそうですよね。

というわけで、ルチンのサプリを購入するならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみて下さいね!

ルチンのサプリをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ