セレスタミンの効果と眠気などの副作用や強さ!蕁麻疹には効く?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91セレスタミンは花粉症などの治療にも使われるステロイドを含む内服薬で、優れた効果があるそうです。

なので、セレスタミンのアレルギー症状や蕁麻疹への効果やその強さ、眠気などの副作用や飲み合わせと授乳中の注意点、効かない場合についてなどが知りたいのではないでしょうか。

それから、セレスタミンの市販薬はあるか、セレスタミン配合錠のジェネリックを購入する場合の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、セレスタミンの効果と眠気などの副作用や強さ、また、蕁麻疹には効くのかといったことについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

セレスタミンの効果や副作用について!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

セレスタミンは、抗ヒスタミン剤と副腎皮質ホルモン(ステロイド)を配合する内服薬で、アレルギー症状の改善、湿疹や蕁麻疹などの皮膚症状の改善、つらい鼻炎や喉の痛みを伴う風邪にも効果を発揮するとされています。

そして、その作用機序としては、アレルギー症状の原因となるヒスタミンを抑制し、ステロイドは抗炎症作用があるのでアレルギー反応を予防するよう働きかけ、その効果は非常に強いので、重度の花粉症にも効果的なのだそうです。

また、喘息やアトピー性皮膚炎にも効果があるので治療に使われることはありますが、ステロイドの配合量が多いため、長期服用には向かないことから、頓服薬として使用する方が適しているそうです。

効かない場合はある?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

セレスタミンはアレルギー反応を引き起こす諸症状全般に効果が現れるので、その用途は風邪から花粉症まで幅広く、効かないといったことはあまりないのですが、前述の通り長期服用には向かない薬です。

なぜかというと、長期にわたってステロイドが含まれた薬を服用していると、耐性ができてしまい、だんだんと効かなくなることがあるからだそうです。

そして、ステロイド配合薬を長期服用するとその分副作用も現れやすくなるため、前述の通り、頓服として活用するようにしましょう。

副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

セレスタミンは非常に効果が強い薬なので副作用が現れやすく、用法・用量を守らないとその分副作用のリスクも高まるとされています。

なので、次の通り症状をチェックして、用法通りに服用し、体調の変化が著しく生活に支障をきたしている場合は、早めに病院を受診して医師に相談するようにしましょう。

一般的な副作用

・ 眠気

・ 倦怠感

・ 口の渇き

・ 目のかすみ

長期連続服用による副作用

・ 生理不順

・ ニキビ

・ 多毛症

・ むくみ

・ 感染症

・ 高血圧

・ 高血糖

・ 胃潰瘍

・ 骨粗鬆症

・ うつ状態

これら以外にも、重篤な副作用として、緑内障や白内障、血栓症や、幼児・小児への発育抑制なども現れるので、体の不調が現れていないか慎重に確認しながら服用するようにしましょう。

スポンサーリンク

セレスタミンの飲み方に関する注意点は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

セレスタミンは、以下の薬と併用する場合は注意が必要とされていますので、病院で処方してもらう時は医師に必ず服用している薬を伝えるようにしましょう。

・ 中枢神経抑制剤

・ MAO(モノアミン酸化酵素)阻害剤

・ 抗コリン作用を有する薬剤

・ ドロキシドパ、ノルアドレナリン

・ フェノバルビタール、フェニトイン、リファンピシン、エフェドリン

・ アスピリン、アスピリンダイアルミネート、サザピリン

・ 抗凝血剤

・ アセトヘキサミド、インスリン

・ 利尿剤

・ ソマトロピン

・ シクロスポリン

アルコールとの併用は?

セレスタミンを服用中にアルコールを摂取すると、薬の効果が強くなりすぎたり、または薬効が薄れることがあるので、飲酒が習慣化している方は事前に医師に相談するようにしましょう。

妊娠中・授乳中の方は?

妊娠中・授乳中の場合は、セレスタミンの服用による胎児などへの影響について安全性が確立されていないため、できるだけ服用は避けると良く、以前から服用していた場合は医師に相談するようにしましょう。

セレスタミンの市販薬は?ジェネリックを購入する場合の通販のオススメも!

セレスタミンはステロイド剤を含む効果の強い薬で、医師の処方が必要な薬に分類されるため市販薬はまだありません。

ですが、古くに開発された薬なのでジェネリック医薬品が多く、セレスタミン配合錠が1錠あたり10.50円なのに対し、ジェネリックは1錠あたり5.6円と約半分の薬価で購入が可能です。

とはいえ、花粉症など特定の季節で症状がひどくなる方などは、こまごまと病院を受診して医師に処方してもらうのが面倒なので、インターネットで購入できたら嬉しいのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でセレスタミンのジェネリック「べクロミン」を購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全に購入できるのか不安になってしまいますよね。

でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますよ。

それから、セレスタミンのジェネリック「べクロミン」の気になるお値段ですが、1本に1,000錠入って8,829円とかなりお買い得ですし、複数買うと割引もあるのでオススメです。

というわけで、セレスタミンのジェネリック「べクロミン」の購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はオオサカ堂のサイトで口コミも見てみてくださいね!

セレスタミンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ