ヒドロコルチゾンの効能と副作用や強さ!市販薬のおすすめも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91ヒドロコルチゾンはステロイド剤の一種で、優れた抗炎症作用や免疫抑制作用があることから、炎症系の病気や免疫系の病気の治療に幅広く使われています。

なので、ヒドロコルチゾンの作用や効能と副作用や強さ、プレドニゾロンとの違いや、抗生物質のフラジオマイシンとの配合錠について知りたいのではないでしょうか。

それから、ヒドロコルチゾンの市販薬のおすすめや、購入する場合の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、ヒドロコルチゾンの効能と副作用や強さ、また、市販薬のオススメなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ヒドロコルチゾンの作用や効能は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

ヒドロコルチゾンはステロイド剤の一種で、炎症系の病気の症状を鎮静化させたり、免疫系の病気の症状を抑制する作用に優れているため、次のような病気への効果・効能があるとされています。

・ アジソン病

副腎皮質ホルモンが不足している時に補充療法として使用します。

・ 免疫系の病気

膠原病、関節リウマチ、ネフローゼ、潰瘍性大腸炎などの免疫系の症状を改善します。

・ アレルギー性や炎症系の病気

喘息や湿疹、アトピー、アレルギー性鼻炎、結膜炎、角膜炎のほか、炎症系の病気全般に症状の改善目的で使用します。

・ その他の病気

メニエール病のめまいや耳鳴り、顔面神経麻痺、血液の病気、腫瘍の一種、臓器移植後の拒絶反応の抑制などの治療やその補助として使用します。

そして、こうしたステロイド剤には他にも、プレドニゾロンやベタメタゾンがありますが、違いはその作用時間と効果の強さで、ヒドロコルチゾンはこの3種類の中でも最も短時間型で、効果はやや弱い分、症状に合わせて用法や用量を工夫して服用しやすい薬です。

一方、プレドニゾロンは適度の効果が続き、効果は中程度で、ベタメタゾンは強力な効果が長時間続くことが特徴ですが、その分副作用が現れやすいという特徴もあります。

ヒドロコルチゾンとフラジオマイシンの配合錠とは?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

ステロイド剤のヒドロコルチゾンと、ばい菌などをやっつける作用があるアミノグリコシド系の抗生物質を組み合わせて、ヒドロコルチゾン・フラジオマイシン配合錠としても使用されています。

例えば、EAファーマの「プロクトセディル軟膏」やジェイドルフの「へモレックス軟膏」がそれで、これは痔による肛門部の鬱血や炎症を鎮める作用、鎮痛作用、細菌の発育を抑制する作用があるため、痔や肛門部の症状を改善する薬として使われています。

スポンサーリンク

ヒドロコルチゾンの副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

ヒドロコルチゾンは、プレドニゾロンやベタメタゾンに比べれば副作用が現れにくく、少量で短期間服用するだけでしたら心配ありません。

ただし、症状によっては治療のために長期の利用がやむをえなかったり、量が多かったりすることで、次のような副作用が現れる可能性があります。

・ 飲み始めの副作用

イライラ、不眠、消化不良、下痢、吐き気、食欲増進など

・ 長期服用の副作用

にきび、むくみ、生理不順、ムーンフェイス、全身が太る症状

・ 重篤な副作用

ウイルス性肝炎、血糖値の上昇、骨粗鬆症、うつ症状、眼圧上昇、動脈硬化、血栓症など

こうした症状で体の異常を強く感じた場合は、できるだけ早く医師に相談して別の薬に替えるなど、相談すると良いでしょう。

スポンサーリンク

ヒドロコルチゾンの市販薬のおすすめは?通販についても

ヒドロコルチゾンが配合された市販の軟膏薬としては、次のようなものがあります。

ステロイドの作用がやや強い薬

・ セロナ軟膏(佐藤製薬)

・ エスアランH軟膏(エスエス製薬)

・ ロコイダン軟膏(クラシエ)

・ ロバックHi(武田薬品)

ステロイドの作用が弱い薬

・ エマゼン軟膏(大正製薬)

・ ドルマイコーチ軟膏(ゼリア新薬)

このように、ステロイドの強さ別に様々な種類の軟膏薬が販売されているので、抗炎症や鎮痛作用目的で購入するなら薬局ですぐに手に入ります。

一方で、ヒドロコルチゾンを内服として使用したい場合は、病院で処方してもらうしかないので、都度病院を受診するのも面倒ですし、診察料がかかるのも嫌という方は多いですよね。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で海外製のヒドロコルチゾンの錠剤タイプを購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全に購入できるのか不安になってしまうのではないでしょうか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるんですよ。

それから、ヒドロコルチゾン錠の気になるお値段ですが、5mgの場合1本に100錠入って1,831円と買いやすい値段ですし、20mgタイプもあるので便利ですよね。

ただし、ステロイド剤は取り扱いの注意点が多いため、初めて使用する場合は事前に病院を受診して医師に処方してもらい、2回目以降にこちらで購入すると安全ですよ。

というわけで、ヒドロコルチゾン錠の購入ならオオサカ堂がオススメなので、病院の処方薬よりも楽に購入したい方はオオサカ堂で口コミを見てみてくださいね!

ヒドロコルチゾンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ