子宮頸がんで肺転移が起こった時の予後!余命や生存率についても

画像1子宮頸がんは子宮頸部を病巣に広がる子宮がんの一種で、20代から30代の女性がかかりやすいとされています。

そして、はじめは子宮付近の臓器に転移するのですが、悪化すると遠隔転移といって子宮から離れた肺にがんが転移を起こしてしまうので、この場合の予後、余命や生存率が気になりますよね。

また、子宮頸がんで肺転移を起こすと、どのような症状が現れるのでしょうか?

そこで今回は、子宮頸がんで肺転移が起こった時の予後や、余命や生存率についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

子宮頸がんで肺転移が起こった時の予後は?余命や生存率も

画像2

子宮頸がんは、子宮の入り口に位置する子宮頸部を病巣として少しずつ浸潤する子宮がんの一種で、原因はHPVという性交渉を感染経路としてうつるウイルスとされています。

そして、このウイルス感染自体は珍しくなく、誰もが1度は感染していてもおかしくないのですが、ほとんどの場合は自覚症状がないまま自然治癒されています。

ただし、排除できなかった場合にのみ、子宮頸がんを発症してしまい、現在では乳がんに次いで二番目に発症率、死亡率が高いがんだそうです。

そして、子宮頸がんの初期の自覚症状はほとんど現れないため、2年に1度の子宮頸がん検診を定期検診していない限り、症状が現れない間にがんが進行してしまいます。

子宮頸がんで肺転移が起こった時の予後は?

子宮頸がんでは、次の通り大きく分けて5つのステージに分類されています。

・ステージ0…がんが最も浅い粘膜内に留まっている

・ステージIa…がんが筋層にまで深く進行しているが、深さが5mm以内である

・ステージIb…がんが筋層にまで深く進行しており、深さが5mmを超えている

・ステージII…がんが子宮頸部を越えて広がっているが、膣部の3分の1を超えていないもの。または骨盤壁にまで広がっていないもの

・ステージIIIa…がんが子宮頸部を越えて広がっており、膣部の3分の1を超えているもの

・ステージIIIb…がんが子宮頸部を越えて広がっており、骨盤壁にまで広がっているもの

・ステージIV…がんが膀胱・直腸・肺・肝臓などの他の臓器や組織に転移している

つまり、子宮頸がんで肺転移した場合は、既に末期の段階にあることが分かります。

これは、ステージIb以降にリンパ節にがんが転移すると、リンパに乗って子宮から遠い肺や脳に遠隔転移するためと言われています。

そして、子宮頸がんで肺転移をすると、予後は非常に悪く、再発のリスクも高まり、余命や生存率についても、次の通りとなります。

子宮頸がんの5年実測生存率(がんの治療を始めた人の中で5年後に生存している人の割合

・ステージI…90.4%

・ステージII…70.1%

・ステージIII…49.4%

・ステージIV…20.9%

つまり、子宮頸がんで肺転移すると、5年後に生存している確率はたった20.9%にしかならないということが分かりますね。

このように、子宮頸がんは、早期に発見できれば手術治療だけで完治も見込める予後の良いがんですが、リンパ節に転移した以降は再発率もかなり高く、予後が悪くなり、完治の見込みがほとんどなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

子宮頸がんで肺転移が起こるとどんな症状が現れる?

画像3

子宮頸がんで肺転移が起こる頃には、ハッキリとした自覚症状が現れていて、つらい咳が止まらず、胸が苦しくなるといった症状が現れます。

また、子宮の付近の消化器にも転移しているので、排尿障害や腰痛、下腹部痛に襲われ、おりものの量が増えて色が黄色く、異臭を放つようになると言われています。

ただし、子宮頸がんの場合はこうした症状が現れてから検査を行っているようでは治療が間に合わず、予後も非常に悪くなるので、できるだけ定期的な検診を受診して、早期に対処できるようにすることが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、子宮頸がんで肺転移が起こった時の予後や、余命や生存率についても詳しくお伝えしました。

まず、子宮頸がんで肺転移が起こるのはステージIVで、がんの末期にあたるため再発率も高く、予後がとても悪いので、5年実測生存率も20.9%しかないとのことでした。

また、肺転移する頃になると咳がひどくなり胸が痛く、腰痛や下腹部痛、おりものなどの症状が現れるのですが、症状が出てから対処するようでは間に合わないので、できるだけ定期的に子宮頸がん検診を受けると良いとのことでした。

検診で自分の体の状態を把握することはもちろん、最近では遺伝的な発症リスクを調べるため、遺伝子検査を行う方も増えてきているので、気になる方は一度、試してみてはいかがでしょうか。命に関わることなので。
↓↓↓
遺伝子検査について詳しく知りたい方はコチラの記事をチェック!

スポンサーリンク

このページの先頭へ