子宮頸がんで再検査になる確率や内容と費用!異常なしの事例も!

画像1子宮頸がんは世界的に見ても乳がんの次に発症率、死亡率共に確率の高い子宮がんなので、自治体や企業などでも定期的な子宮頸がん検診を勧めていますよね。

ただ、実際に子宮頸がんを受診した時、再検査になってがんの詳しい検査をする確率や、再検査の内容や、痛みはないのか、結果がどうなるか心配ではないでしょうか?

また、子宮頸がん検診の再検査にはどれくらいの費用がかかるのか、再検査で異常なしになった事例などもあるのか知っておきたいですよね。

そこで今回は、子宮頸がんで再検査になる確率や内容や費用や、異常なしの事例について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

子宮頸がんで再検査になる確率は?再検査の内容や費用も!

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(以下、HPV)というウイルスの感染が原因とされていて、性交渉を感染経路として男性から女性にうつるそうです。

そのため、性交渉の経験のある人であれば誰でも子宮頸がんを発症するリスクがありますが、HPVウイルスへの感染自体は珍しくなく、ほとんどの場合は気づかないうちに自然に治癒し、排除できなかった場合にのみ子宮頸がんを発症するとされています。

そして、子宮頸がんの場合は早期発見ができれば完治する確率がかなり高まるので、自治体などでは2年に1度の子宮頸がんの検診を推奨していますよね。

そのため、こうした子宮頸がん検診では、自治体の助成が適用できて無料で受けられたり、有料でも数千円で受診ができるので、積極的に受診することをオススメします。

子宮頸がん検診はどんな内容?再検査になる確率は?

画像3

子宮頸がんは、子宮の入り口に当たる「頸部」と呼ばれる部位を病巣にして広がるがんで、HPVウイルスに感染するとこの頸部が形態変化し、「異形成」と呼ばれる状態になるので、まず細胞の状態を検査するために「細胞診」という検診を行います。

そして、この細胞診は、子宮頸部および膣の表面をやわらかいブラシのようなヘラを使って細胞をこすり取り、その細胞を検査する方法で、痛みはなく、多少の出血があってもこの場合の心配はありません。

さらに、この検診は5分程で終わり、10日~1ヶ月ほど待つと、次のような結果が自宅まで郵送されてくるそうです、

画像4

また、クラスごとの判定は、次のように5つに分かれ、クラスIIIはさらに3段階に分かれて表示されます。

・クラスI…正常細胞の陰性

・クラスII…異常な細胞があるが良性の陰性

・クラスIII…悪性を疑うが判定はできない擬陽性

・クラスIIIa…悪性を少し疑い軽度・中程度異形成を想定

・クラスIIIb…悪性をかなり疑い、高度異形成を想定

・クラスIV…上皮内がんを想定する

・クラスV…浸透がんを想定し、がんが骨盤など内部まで深く進行している

このうち「要精密検査」と診断され、再検査を求められるのはクラスIII以降になりますが、その確率は検診受診者の約1%、つまり100人に1人ということになります。

ただ、意外と多い確率なので、「再検査〓子宮頸がんが見つかった」と勘違いしてしまう方が多いようなのですが、ここで気をつけなければならないのは、細胞診の検診結果における「クラス」はがんの「ステージ」とは同一ではないということです

つまり、子宮頸部の細胞を見て、HPVウイルスによって形態が通常と異なるかどうかなどを見るだけであって、がんが見つかったかどうかはこの時点では分からないのです。

子宮頸がんの再検査はどんな内容?

USA, New Jersey, Doctor talking to patient in office

なので、子宮頸がんの細胞診の結果で「要精密検査」と出ても心配することなく、しっかり再検査を受けるようにし、万一子宮頸がんが見つかっても、早期であれば治る確率が高いので、できるだけ早く結果を明らかにすることが大切です。

そして、子宮頸がんの再検査では、まず「コルポ診」を行います。

コルポ診は、子宮頸部に発生するがんを早期に発見するために行う検査で、膣拡大鏡(コルポスコープ)と呼ばれる専用の器具を膣内に挿入し、子宮頸部や膣壁を拡大して、炎症や腫瘍ができていないかを観察します。

そして、コルポスコープは、子宮頸部や膣壁を6~40倍に拡大して観察することができますので、肉眼では視認できない粘膜や血管の変化を発見できるとされています。

このように、コルポ診では、器具を挿入して内部を観察するだけなので、この時点で出血することはまずありませんが、コルポ診で疑わしいところがあると、組織の一部をけずり取って検査を行う「組織診」という次の検査を行います。

そして、子宮頸がんのできやすい所には細かな血管があり、その血管が太くなったり折れ曲がったりしているので、組織診で疑いのある部位を切り取ると、多少の出血があることが多く、まれに出血が多くなると縫合などの止血処置を受けることがあります。

ただし、この縫合の作業自体にもそれほど痛みがあるものではないので、安心して下さい。

また、こうした子宮頸がんでの再検査にかかる費用は5,000円前後が相場で、1万円を超えることはないそうなので、それほど高い出費ではありませんね。

子宮頸がんの再検査で結果はどう出る?異常なしになる事例もあるの?

画像6

コルポ診の結果では、問題のある部位を視認できるので、子宮の出口のいろいろな変化や異常について、医師からわかりやすく説明があります。

この時点で異常がない場合は、経過観察という診断結果になり、定期的に子宮頸がん検診を受ければ問題ありません。

ただし、組織診へと進んだ場合は、次の3つに分けて結果が提出されます。

A) 異常なし

B) 異形成上皮

C) がん

そして、B)の異形成上皮は、これ自体はがんではないのですが、異常な成長性をもつと考えられる細胞が集まって子宮の出口の組織を形成しているとされるもので、軽度、中度、高度の3つに分けられるとされています。

それから、がんの中にも初期のがんと進行したがんに分かれるので、子宮頸がんの基本の検診である細胞診の検査結果とまとめて表にすると、次のようになります。

画像7

なので、高度異形成となった場合は、がんの一歩手前まで来ているという結果なので、十分に注意して悪化を防ぐ必要があり、残念ながらC)のがんと診断された場合も、どの程度進行しているかMRI検査などで詳しく調べていきます。

そして、MRI検査などを行った結果、結局がんが悪性ではなく、進度も比較的遅いという結果が出て安堵した方も多く、子宮頸がんの再検査を受診した100人のうち、子宮頸がんが見つかる方は6人程度なんだそうです。

なので、それ以外の人は異常なしか、異形成に該当することになり、異形成の中でも高度異形成でなければ経過観察扱いとなり、安静にして過ごしていれば問題ありません。

そのため、具体的な治療法を決めるまでは諦めずに、前向きに検診に取り組んで、1日も早く結果を明らかにすることをオススメします。

それから、初めての子宮頸がん検診で陰性と出た場合でも、HPVウイルスにはいつ感染したか、またそのウイルスが子宮頸がんを発症する時期は特定が難しいため、子宮頸がん検診は定期的に受けることが重要です。

そのため、2年に1度、検診を受診することを習慣づけて、自分自身の体のことをよく知り、子宮頸がんの早期発見につとめるようにしましょうね。

スポンサーリンク


(関連記事:子宮頸がんの発症率や年齢!自分の発症リスクを知る方法!

子宮頸がんのウイルスは男性にもうつるの?

画像8

子宮頸がんの原因であるHPVウイルスは、性交渉によって男性から女性にうつるので、もちろん逆もあり、女性から男性にうつるケースもあります。

ただし、男性がHPVウイルスに感染しても、それによって肛門などにがんを発症する確率は女性の子宮頸がん発症率よりもはるかに低いため、女性が被害者で、男性が加害者であるかのように捉える方がいるようです。

しかしながら、HPVウイルスは感染してから子宮頸がんを発症するまでの潜伏期間が10年~15年もかかるとされていて、感染のきっかけになった性交渉がいつのものかを特定することは不可能です。

そして、HPVウイルスは女性だけでなく、男性にもあたりまえに感染するものであり、そこからがんを発症するかどうかは、個々人の体が抱える発症の可能性や、普段の生活習慣による免疫力などが大きく関連しています。

そのため、子宮頸がんを発症したとしても、感染の原因を追及することに専念するのではなく、発症してしまったがんに向き合って、早期の治療に取り組むことが大切で、発症していなかったとしても定期的な検診を行って自己管理をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、子宮頸がんで再検査になる確率や内容や費用や、異常なしの事例について詳しくお伝えしました。

まず、子宮頸がんで再検査になる確率は約1%で、再検査ではコルポ診で頸部や子宮内部を拡大して異常な部位がないか確認し、あった場合は組織診をするのでしたね。

そして、組織診で疑いのある部位を一部削り取るので、多少の痛みはありますが、それほど大変ではなく、こうした再検査にかかる費用は5千円~1万円とのことでした。

それから、再検査でがんが見つかる確率は検査を受けた人100人にあたり6人で、それ以外は再検査の結果異常なしか、経過観察扱いになるのでしたね。

このように、子宮頸がん検診の受診者のうち、がんが見つかる確率はそれほど高いわけではないのですが、早期発見が完治への鍵になるため、定期的な健診を行い、万一再検査になっても前向きに捉えてできるだけ早く結果を明らかにするようにしましょう。
↓↓↓
「子宮頸がんの発症率や年齢!自分の発症リスクを知る方法!」についての記事はコチラ!?

スポンサーリンク

このページの先頭へ