子宮頸がんでクラス1の正しい理解!知っておくべき注意点も!

画像1子宮頸がんは、20代から30代の女性に多い子宮がんの一種ですが、世界でも乳がんの次に発症率と死亡率が高いがんなので、各自治体では定期的な検診を推奨しています。

そして、実際に受けると5つのクラスに分けて検診結果が出るのですが、このクラスとがんの進行度を表すステージとは異なることをご存知でしたでしょうか?

なので、子宮頸がんでクラス1になった場合の正しい理解や、知っておくべき注意点などについても気になりますよね。

そこで今回は、子宮頸がんでクラス1の正しい理解や、知っておくべき注意点などについて、詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

子宮頸がんでクラス1の正しい理解とは?

子宮頸がんは、がんの中でも特徴的なのが、原因がハッキリしているという点で、ヒトパピローマウイルス(以下、HPV)というウイルスの感染が関係しているとされています。

そして、このウイルスは主に性交渉を感染経路としているため、性交渉の経験のある人であれば誰でも感染する可能性があり、特別な人が感染するようなものではありません。

ただ、HPVウイルスに感染したとしても、ほとんどの場合が自然に治癒するのですが、排除できなかった場合にのみ子宮頸がんを発症してしまうとされています。

そして、子宮頸がんの場合は早期発見ができれば予後の良いがんなので、自治体や病院、企業などでは2年に1度の子宮頸がんの検診を推奨していますよね。

また、こうした子宮頸がん検診では、自治体の助成が適用になって無料で受けられる所などもあるので、積極的に受診することをオススメします。

子宮頸がんでクラス1の正しい理解とは?知っておくべき注意点も!

画像3

子宮は、中が空洞の西洋梨のような形をしていて、球形に近い形の体部が胎児の宿る部分ですが、子宮の入り口に当たるところが頸部と呼ばれ、この部位が子宮頸がんの病巣になるとされています。

そのため、子宮頸がん検診では、この頸部の形態変化をまず調べ、この形態変化の一種のことを「異形成」と呼ぶのですが、診断した上で異形成の段階を軽度異形成(CIN1)、中度異形成(CIN2)、高度異形成(CIN3)の3段階に分けるそうです。

そして、細胞診といって、子宮頸部および膣の表面をやわらかいブラシのようなヘラを使って細胞をこすり取り、その細胞を検査するのですが、痛みはなく、多少の出血をすることがあっても心配はないそうです。

それから、5分程で検診が終わると、10日から1ヶ月くらいで自宅に次のような結果が郵送されてきます。

画像4

そして、クラスごとの判定は、次のようになっています。

・クラス1…正常細胞の陰性

・クラス2…異常な細胞があるが良性の陰性

・クラス3…悪性を疑うが判定はできない擬陽性

・クラス3a…悪性を少し疑い軽度・中程度異形成を想定

・クラス3b…悪性をかなり疑い、高度異形成を想定

・クラス4…上皮内がんを想定する

・クラス5…浸透がんを想定し、がんが骨盤など内部まで深く進行している

つまり、クラス1の場合は、HPVウイルスに感染している可能性が低く、細胞も正常で、がんは陰性ということになり、心配はないということになりますね。

ただし、前述の通り、HPVウイルスは性交渉の経験のある人なら誰でも感染するリスクがありますし、ウイルスの潜伏期間は10~15年間もあるとされているので、いつがんを発症するかは特定できないのです。

なので、1度の子宮頸がん検診で陰性だったとしても、2年に1度は定期検診として受診することをオススメします。

また、その時にクラス2以降になってしまったことを前提にお伝えすると、「クラス」=「がんのステージ」ではないということを必ず覚えておきましょう。

そして、細胞診における「クラス」はあくまで細胞が正常か、がんかを調べた上で出る結果に過ぎないので、例えばクラス2という結果だからといって、がんのステージが2まで進行していて、中期に当たるという意味ではないのです。

それから、子宮頸がんの初期では、自覚症状がほぼ見られず、下腹部痛や下腹部のしこりなどの自覚症状が現れる頃にはかなりがんが進行している危険性があります。

ただ、子宮頸がんはこうした検診で発見しやすいがんでもあるので、症状がないとしても定期検診を続け、早期発見ができるように検診を習慣化させることをオススメします。

スポンサーリンク


(関連記事:子宮頸がんの発症率や年齢!自分の発症リスクを知る方法!

HPV感染予防のワクチンはないの?

画像5

子宮頸がんでは、患者の9割がHPVに感染しているため、HPVへの感染自体を予防すれば良いのかと思う方も多いと思います。

そして、HPVにはいくつかの型があるので、子宮頸がんの場合は関連がある高リスク型の16型および18型に対する「ガーダシル」というワクチンが適応しているようです。

そして、10代前半での接種が理想とされていて、上腕の筋肉内の注射によって接種を行うのですが、期間をあけて3回接種しないと十分な効果を得ることはできないとされています。

また、これによりHPV感染の予防効果は約20年間持続すると考えられていますが、注射した部位の腫れや発赤などの副作用が多少見られるそうです。

ただし、日本国内の子宮頸がんの約30%は16型、18型以外のHPVが原因になっているため、全ての感染を予防することはできないとされています。

そのため、子宮頸がんワクチンを接種したとしても、子宮頸がん検診の定期受診は必須と考えられ、このワクチンに対する医師の意見も2つに分かれていて、現在では積極的に定期接種そのものを推奨することはできないというのが日本国内での主な考え方のようです。

なので、もしもHPVの予防ワクチンを接種したい方は、上記の医師間での考え方や副作用のデメリットなどもよく考慮した上で、各自治体での実施について調べて、受診すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、子宮頸がんでクラス1の正しい理解や、知っておくべき注意点などについて、詳しくお伝えしました。

まず、子宮頸がんでは細胞の形態変化を調べた上で、細胞診という細胞を採取して行う検診を行い、10日~1ヶ月ほどで結果が出て、自宅に診断書が送られて来ますが、クラス1の場合は細胞の形態変化もなく、陰性のため心配はないということでした。

ただ、子宮頸がんの原因となるHPVには誰もが感染するリスクがあるので、クラスとステージの違いなど、知っておくべき注意点についてお伝えしました。

また、HPV感染予防のワクチンについては、日本国内で感染例のあるHPVの型にほとんど適応していないため、ワクチンを接種したとしても子宮頸がんの定期検診は必須で、医師の間でもワクチンの接種は推奨されていないということでした。

なので、万一感染した時のリスクを考え、自然治癒できる免疫力の高い体作りや、子宮頸がん検診の定期検診を習慣化して、普段から意識付けするようにしましょうね。
↓↓↓
「子宮頸がんの発症率や年齢!自分の発症リスクを知る方法!」についての記事はコチラ!?

スポンサーリンク

このページの先頭へ