子宮頸がんの症状!腰の痛みや下腹部痛に要注意!しこりは?

画像1子宮頸がんは、日本でも20代から30代の発症率が非常に高く、死亡率も高いのですが、早期発見することがとても重要だとされています。

ただ、腰の痛みや下腹部痛などが現れたら、子宮頸がんに注意しなければならないのですが、具体的な症状の現れ方などが気になりますよね。

また、子宮頸がんでは乳がんの時のようにしこりが現れるのでしょうか。

そこで今回は、子宮頸がんの症状で腰の痛みや下腹部痛についてや、しこりについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

子宮頸がんの症状は?腰の痛みや下腹部痛に要注意!

画像2

子宮頸がんは、女性に起こるがんの中では乳がんについで発症率、死亡率共に世界で2番目に症例の多い病気で、日本では年間12,000人が子宮頸がんを発症し、そのうちの約3,500人が死亡しているそうです。

そして、子宮頸がんは他のがんと違って原因がハッキリしており、ヒトパピローマウイルス(以下、HPV)というウイルスの感染が関係していて、このウイルスは主に性交渉を感染経路として、男性から女性にうつるとされています。

ただ、このウイルスへの感染自体は珍しいことではなく、性交渉の経験のある人なら誰でも1度は感染したことがあるのですが、ほとんどの場合が自然に治癒する中で、排除できなかった場合に子宮頸がんを発症してしまうとされています。

画像3

それから、子宮は、中が空洞の西洋梨のような形をしていて、球形に近い形の体部が胎児の宿る部分で、下方に続く部分は細長く、その先が膣へと突出していて、この部分で子宮の入り口に当たるところが頸部と呼ばれ、子宮頸がんの病巣になります。

そして、子宮頸部の細胞が正常では見られない形態になる形態変化の一種のことを「異形成」と言いますが、異形成には段階があって、軽度異形成(CIN1)、中度異形成(CIN2)、高度異形成(CIN3)の3段階に分かれるそうです。

ただ、感染していても9割の方は、免疫により排除し、自然治癒するのですが、免疫力は生活習慣の乱れやストレスで低下してしまうので、ウイルスを排除することができず、長期的に体内にウイルスが残ると、子宮頸部異形成を引き起こすとされています。

なので、高度異形成までくると子宮頸がんの初期ステージといっても過言ではないのですが、こうした子宮頸部異形成には自覚症状が全くないのが特徴だそうです。

子宮頸がんの症状は?

画像4

○初期症状

性交時の出血や不正出血、おりものの異変といった症状が現れますが、こうした症状は子宮内膜症やストレスでも発症するので、子宮頸がんによるものかもしれないと気づく人はほとんどいません。

○中期以降の症状

不正出血や性交時の出血がひどくなり、悪臭が漂うようになって、膿のような黄色い色をしたおりものが増えます。

そして、さらに子宮頸がんが進行し、他の部位に転移すると激しい下腹部痛に襲われ、陣痛のような激しいお腹の痛みや、下腹部のしこり、腰痛などが現れ、足がむくむようになるとかなりステージが進行したことの現れなので、注意が必要です。

スポンサーリンク


(関連記事:子宮頸がんの発症率や年齢!自分の発症リスクを知る方法!

子宮頸がんの詳しい検査方法は?治療方法も

画像5

子宮頸がんでは、こうした症状が現れたら、まずは子宮頸部および膣の表面をやわらかいブラシのようなヘラを使って細胞をこすり取り、その細胞を検査する「細胞診」を行って、
次のようなクラスに分類された検査結果が出ます。

・クラスI…正常細胞の陰性

・クラスII…異常な細胞があるが良性の陰性

・クラスIII…悪性を疑うが判定はできない擬陽性

・クラスIIIa…悪性を少し疑い軽度・中程度異形成を想定

・クラスIIIb…悪性をかなり疑い、高度異形成を想定

・クラスIV…上皮内がんを想定する

・クラスV…浸透がんを想定し、がんが骨盤など内部まで深く進行している

そして、自覚症状のない早期がんの状態は、0期とIa期に当たりますが、下腹部痛やしこり、足のむくみなどが現れるのはIII期の中でもIIIaかIIIbに該当する可能性が高いです。

ただ、よく間違いがあるのが、クラスIIIと聞くとがんのステージIIIで末期のことかと思い、ショックを受ける方が多いようです。

しかしながら、細胞診のクラスはステージとは同一ではなく、あくまで検査のために採取した細胞が正常かがんかを調べた上で出る「クラス」であって、そのがんの性質や進度はさらなる精密検査をしなければ分かりません。

そして、精密検査で調べてみると、がんの悪性度は低く、進行も遅いという結果が現れ、その後の手術による結果や生存率も変わってくるので、細胞診の検査結果だけで一喜一憂する必要はないのです。

そのため、細胞診の検査結果でクラスIII以上の「陽性」反応が出た場合は、さらにコルポ診という検査を行って、子宮頸部の組織を採取し、拡大して詳しく調べます。

そして、胸部X選検査やCTスキャンなども行って、がん細胞が子宮頸部内にとどまっているか、それとも体の他の部分まで広がっているかなどを調べる目的で検査を行います。

子宮頸がんの治療方法は?

画像6

治療方法は、患者の年齢や健康状態や、腫瘍の大きさなど様々な条件を前提に、子宮頸がんの進行具合に応じて、次のような手法で行われます。

・手術療法

手術によりがんを摘出する方法で、子宮頸がんが比較的初期の状態であれば円錐切除術といって頸部のみを摘出し、子宮頸部の状況を診断して問題なければその後の妊娠や出産ものぞめるそうです。

ただ、頸部より深度にがんが広がっている場合は、子宮を全摘出したり、卵巣や大腸、直腸および膀胱などを摘出するケースもあります。

・放射線療法

放射線療法は、高エネルギーX線や他の種類の放射線を用いてがん細胞を殺すか、または成長させないでおくがん治療のことで、がんに放射線を照射するか、体内に放射性物質を密封した張りなどを留置して照射する2つの方法があります。

・化学療法

化学療法は、薬剤を用いてがん細胞を殺すかまたは細胞分裂を停止させることでがん細胞の増殖を停止させるがん治療のことです。

このように、子宮頸がんではステージの進行度に応じて治療法が異なるのですが、子宮頸部を越えてがんが広がっている場合は、妊娠ができなくなるだけでなく、膀胱や骨髄を摘出するとその後の生活についても大きな支障がでます。

そして、子宮頸がんで下腹部痛や腰の痛みやしこりといった症状が出たら、こういった治療法のいずれかを選択しなければならない可能性が高く、治療を行ったとしても再発率は高く、その後の生存率にも期待できないというので怖いですよね。

そのため、子宮頸がんの場合は痛みが生じる前の早期発見がいかに大切かをよく実感できると思います。

そして、がんというのは子宮頸がんに限らず、ウイルスの感染や喫煙習慣などの環境要因が30%で、残りの70%は遺伝子要因とされています。

そのため、そもそも遺伝子的に子宮頸がんにかかるリスクを自分の体はどれくらい抱えているのかといったことを知っておくのが大切で、最近ではそういった病気の発症リスクを数値化できる遺伝子検査のサービスが充実してきています。

なので、子宮頸がんの定期的な健診はもちろんのこと、それ以前に自分の体が抱えている病気の発症リスクを知り、環境要因である生活習慣の見直しなども行って、そもそもがんにかからない体づくりを行うことが、未病対策になるのでオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、子宮頸がんの症状や、腰の痛みや下腹部痛に要注意といったことや、しこりについても詳しくお伝えしました。

まず、子宮頸がんは世界的に見ても乳がんについで発症率、死亡率が第2位に位置する重大な子宮がんの1種ですが、初期には自覚症状が現れないのでしたね。

そして、下腹部痛や腰の痛み、しこりなどの症状が現れたら、既に進行している可能性が高く、細胞診やコルポ診などの検査も行って、治療法を決めるということでした。

それから、治療法には手術療法、放射線療法、化学療法の3つのタイプがありますが、多くは術後の妊娠も望めなくなり、再発率や死亡率も高いので、子宮頸がんは自覚症状が現れる前に発見することが大切なのでした。

なので、遺伝子検査なども行って体が元々持っている病気の発症リスクも数値化し、未病対策を心がけることで、がんに負けない体づくりをするようにしましょう!
↓↓↓
「子宮頸がんの発症率や年齢!自分の発症リスクを知る方法!」についての記事はコチラ!?

スポンサーリンク

このページの先頭へ